福岡伸一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福岡伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福岡伸一

福岡伸一

福岡伸一(ふくおか・しんいち)/生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

  • NEW

    ノーベル賞有力候補「ゲノム編集技術」 最初の発見は30年ほど前の日本人研究者だった

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 今年もノーベル賞の季節。某新聞社から発表時の解説要員として待機を命じられている。わたしも若い頃にもう少し真面目に研究に邁進していれば、ひょっとするともらう側にいられたかもしれない...

  • 人間にとって謎だらけの鳥の交尾 福岡伸一「ヒト以外の生物の営みはおおっぴら」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * セックスレスの時代になったと言われているが、今回はあらためてセックス=交接について考えてみよう。 ヒトの場合、オスが男性器をメスの女性器に「挿入」するから、なんだか常に男が主体的...

  • 恐竜博で注目の「むかわ竜」と、鈴木少年が発見した「フタバスズキリュウ」の意外な共通点

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は「恐竜」を解説します。*  *  * 上野・国立科学博物館(通称・かはく)は、私にとって少年の頃から大好きなわくわくスポットだが、この夏は「恐竜博2019」で大賑わいだ。 長い腕と強力なツ...

  • いまだ謎だらけ「ウナギ」の産卵は、地殻変動によりマリアナ海域まで遠ざかった!?

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は、謎が多い「ウナギの生態」を解説します。*  *  * 環境省の公式ツイッターが、うな重の画像とともに「土用のウナギはご予約を」とつぶやいて炎上した。その主旨は、「食品ロスにならないよう大...

  • フライドポテト、ケーキ…知らぬ間に摂取「トランス脂肪酸」の怖いリスク

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。いわば「科学歳時記」。今回は「トランス脂肪酸」を解説します。*  *  * トランスとシスという言葉は科学用語としては対義語として使われる。ある直線を引いて、同じ側にあるときはシスの関係、異なる側に...

おすすめの記事おすすめの記事