福岡伸一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福岡伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福岡伸一

福岡伸一

福岡伸一(ふくおか・しんいち)/生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

  • NEW

    感染拡大する新型コロナウイルス 福岡伸一「PCR法が鋭敏すぎて生まれる問題」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回に引き続き、今回も猛威を振るう新型コロナウイルスについて取り上げる。*  *  * 新型コロナウイルス感染が拡大を続けている。重症化するケースもあるので油断はできないが、軽挙妄動するのは注意し...

  • 感染拡大する“新型コロナ” 福岡伸一が語る「ウイルスの基本的な生物学」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は猛威を振るう「ウイルス感染」について取り上げる。*  *  * 中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している。そこで今回は、ウイルスの基本的な生物学について触れたい。...

  • 福岡伸一が「ここまでの予言者はいない」と考える物理学者の“頭脳”

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回のコラムに続き、「生命とは何か」を問いた、理論物理学者エルヴィン・シュレーディンガーを取り上げる。*  *  * 木を見て森を見ない傾向にある専門家に対して、違う分野の科学者が「ビッグピクチャ...

  • 「生命とは何か?」 この大きな問いに挑んだ“変わり者”の理論物理学者

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回のコラムに続き、物理学者エルヴィン・シュレーディンガーを取り上げる。*  *  * 生命とは何か? 大きな問いである。ためしに広辞苑で、生命の項を引いてみるとこうある。<せいめい【生命】 生物...

  • 「はやぶさ2」が持ち帰ってくるリュウグウの岩石に生命活動の「証拠」があったら?

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     2020年末、地球と火星のあいだに位置する小惑星リュウグウから、探査宇宙船はやぶさ2が帰還し、リュウグウの岩石サンプルを持ち帰ってくる。もしここに、メタンやエタン、アンモニア、さらに複雑な有機化合物である、糖、アミノ酸、核酸成分のようなものが発見されれば、大騒ぎになることは間違いない。糖、アミノ酸...

おすすめの記事おすすめの記事