藤巻健史〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤巻健史

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。2013年7月の参院選で初当選。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)

  • NEW

    最大の報復は「米国債売却」 米中の貿易戦争が勃発しない理由

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     米国、中国がそれぞれに高い関税をかけあい、米中貿易戦争が懸念されているが、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、その可能性を否定する。*  *  * JPモルガン勤務時、オフィスのビル内の店で子供ブランド服の7割引きバーゲンがあった。11時の開店と同時に大量に買ったが、部下のウスイ嬢に「みっ...

  • フジマキ 黒田日銀総裁の「出口戦略」に「ごまかしの答弁」と苦言

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     国会が森友文書改ざん問題で揺れる中、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日銀の黒田東彦総裁に出口戦略について質問した。その答弁への疑問点を明かす。*  *  * 国会議員の活動評価などをするNPO法人「万年野党」(理事長=宮内義彦オリックスシニア・チェアマン)から、「三ツ星国会議員」の表彰...

  • 「飲みニュケーション」はないが強烈なパンチが… 驚くべき外資系企業のコミュニケーション術

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     労働環境でよく比較される、日本企業と外資系企業。外資の労働環境は日本に比べて本当に恵まれているのだろうか? 邦銀に11年間、米銀に15年間勤め、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏が実情を明かす。*  *  * 外資の労働環境は恵まれていると思う方もいるかもしれないが、生き抜く厳しさがあること...

  • 「日本は典型的な社会主義国家」財政危機の原因を藤巻健史が指摘

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、消費増税についての国の対応がおかしいと、問題点を指摘する。*  *  * 先の衆議院選の際、テレビ朝日の選挙特番に出演させて頂いた。当初なかなか討論に加われなかったが、番組が進み、経済が話題になって火がついた。 党内議論がまだ終わっていないことまで持論を...

  • 英国の10年ぶり利上げに日本が学ぶべきこととは?

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、英国の中央銀行が利上げに踏み切ったことに関連し、日本の金融政策の問題点を指摘する。*  *  * テニス仲間のYさんは、若い頃にスピード違反で反則切符を切られたそうだ。警察官「お勤めは?」Yさん「銀行です」警察官「罰金じゃ、勤め先に具合が悪いから、振り込...