藤巻健史〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤巻健史

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。2013年7月の参院選で初当選。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)

  • NEW

    個人でも要注意! リーマン・ショックに学ぶ「流動性リスク」

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、リーマン・ショックを引き起こした流動性リスクに警戒する。*  *  * 2008年9月、米国の証券会社リーマン・ブラザーズが破綻した。私がそれを電話で聞いたのは、家内アヤコと中部山岳国立公園内の弥陀ケ原ホテルの部屋にいたとき。「窓か...

  • フジマキ、日銀の長期金利コントロールに 「思い上がりもはなはだしい」

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日銀の「長期金利の一定幅の動きを容認」決定を“ギブアップ宣言”とみる。*  *  * マーケットが動くとお尻がむずむずして、ディーラー時代が懐かしくなる。 ある時、「フジマキさん、マーケットに戻りたくないです...

  • 最大の報復は「米国債売却」 米中の貿易戦争が勃発しない理由

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     米国、中国がそれぞれに高い関税をかけあい、米中貿易戦争が懸念されているが、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、その可能性を否定する。*  *  * JPモルガン勤務時、オフィスのビル内の店で子供ブランド服の7割引きバーゲンがあった。11時の開店と同時に大量に買ったが、部下のウスイ嬢に「みっ...

  • フジマキ 黒田日銀総裁の「出口戦略」に「ごまかしの答弁」と苦言

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     国会が森友文書改ざん問題で揺れる中、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日銀の黒田東彦総裁に出口戦略について質問した。その答弁への疑問点を明かす。*  *  * 国会議員の活動評価などをするNPO法人「万年野党」(理事長=宮内義彦オリックスシニア・チェアマン)から、「三ツ星国会議員」の表彰...

  • 「飲みニュケーション」はないが強烈なパンチが… 驚くべき外資系企業のコミュニケーション術

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     労働環境でよく比較される、日本企業と外資系企業。外資の労働環境は日本に比べて本当に恵まれているのだろうか? 邦銀に11年間、米銀に15年間勤め、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏が実情を明かす。*  *  * 外資の労働環境は恵まれていると思う方もいるかもしれないが、生き抜く厳しさがあること...