藤巻健史〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤巻健史

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)、新著「日銀破綻」(幻冬舎)も発売中

  • NEW

    伝説のディーラーフジマキが最後に言いたいこと「日本は必ず復活する」

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

     朝日新聞で8年、週刊朝日で8年と16年間にわたり続けた連載もついに最終回となった。朝日新聞土曜版be「藤巻兄弟」で一緒に書き始めた頃、腹で風を切って颯爽(さっそう)と(?)歩いていた弟・幸夫はもうこの世にはいない。私のほうはbeでの連載終了後もこのコラムを書き続けた。Xデーへの備えを考え始めた方が...

  • 日本は経済成長率ビリ…フジマキが“四流国家”転落を危惧

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日本の経済状態が世界と比べて悪い意味でナンバーワンだと主張する。*  *  * 朝日新聞土曜版beで弟の故幸夫と8年間、「藤巻兄弟」(タイトルは何回か変わった)を連載した。その後は週刊朝日で、「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」(これ...

  • 旧ソ連と同じ末路か…タブー破りが招く「日銀倒産の危機」

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日銀が行った異次元の金融緩和が招く危機を予測する。*  *  * 私がモルガン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)に入社した頃の日本は有担保主義で、資金の移動に伴い担保となる大量の約束手形が動いた。 それを担当者が黒塗りのママチャリ...

  • 「時価会計が採用されていたら…」フジマキ“日銀のもろさ”を指摘

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、日銀の会計処理について異論を唱える。*  *  * JPモルガンに勤務していた頃、「1日で50億円失った男」という番組がNHKで放送された。番組名を見た部下のカワナベ君が、「ついにNHKに主役で出演ですか?」と冗談めかして聞いてきた...

  • 「消費税1%引き上げ、相続税廃止」で日本が再興する? フジマキの意見

    虎穴に入らずんばフジマキに聞け 週刊朝日

    “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、「消費税1%引き上げ」を提言する。*  *  * テニス仲間のウジイエさんに久しぶりに会ったら、「フジマキ君、今何しているの?」。突然聞かれても答えに困る。このコラムしか連載していないから、コラムニストというにはおこがましい。講演も...

おすすめの記事おすすめの記事