第1394回 のんびり構える小梅 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1394回 のんびり構える小梅

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
小梅(塚田さん提供)

小梅(塚田さん提供)

 今春、娘が就職で家を離れ、夫と2人、そして1匹の生活になった。

 いつかはこんな日が来るとわかっていたものの、2人とも寂しさは隠せない。お互いに日頃から会話もしているし、生活のリズムもそれほど変わらないのに、どこかにぽっかり穴があいている気がする。

 それは愛犬小梅(写真、雌)も同じだったようだ。落ち着かなくなった。

 もうすぐ中学生という頃、「猫を飼いたい」と言いだした娘。それが急にやっぱり犬と言って、ペットショップでひとめぼれしたのが小梅だ。

 小梅も娘にはいつも一目おいていた気がする。

 もやもやとした気持ちをどうすることもできないでいる私たちを尻目に、娘のいない寂しさにいち早く慣れたのは小梅だった。

 穏やかで吠えることが少なく、ツンデレだけど甘えん坊。そんな性格は子犬の時と変わらないが、ふと見ると、ひげは白く短くなり、ゴロンと横たわって寝ている時間が多くなった。

 犬も人間も、同じように年をとる。私たちは、日々、「体のここが痛い」だのなんだのとぶつくさ文句を言うが、小梅は加齢による変化にも静かに向き合っているように思う。潔い。

 犬の11歳は人間でいうと60代半ばとか。いつの間にか小梅は私たちの年齢を追い越してしまった。

 日々のどうすることもできない不安や寂しさに心が揺れる時は、小梅の体をなでる。目を閉じ、幸せそうな表情をする小梅を見ていると、次第に心が静かになってゆく。

 なるようにしかならん。今の生活を大切に日々を過ごしていこう。何事にも動じず、のんびりと構えている小梅がそう言っているような気がする。

(塚田有里さん/京都府/53歳/パート)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/10/15 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい