第1160回 夫にだけおしゃべりするミー 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1160回 夫にだけおしゃべりするミー

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 わが家のミー(写真、6歳、雌)は、生後1カ月くらいの時に、娘が仕事帰りに助けてきた猫です。野良猫の子で、粘着テープを使った業務用のネズミ捕りにかかり、か細い声で鳴いているのを娘が聞きつけて、動物病院に連れていきました。
 最初はテープを取るために毛がほとんど刈りとられ、毛のない貧相なネズミのようで、お世辞にも可愛いとは言えませんでした。
 すぐに今度は風邪をひきこみ、また動物病院へ。そのまんま入院。
 退院する時に主人が迎えに行くと、わが家に来てまだ日が浅いのに、家族が迎えに来たとわかったのか、ミャーと鳴いたそうです。
 今では体重4キロの立派な家猫で、ときおりヤモリやトカゲ、スズメなどを捕まえて持ってきます。野性のなせる業でしょうか、いくら駄目だよと言い聞かせても何かを捕まえてきます。困ったものです。
 また、私が仕事から帰ってくると、すかさず膝の上に乗っかってくる甘え上手です。しょうがないのであちこちマッサージしてやると満足して下りてくれます。
 でも、彼女のご主人様はやはり夫です。夫も「猫可愛がり」の言葉どおりに可愛がり、お刺し身でも一番おいしいところはミーにあげています。
 ミーは夫にだけしゃべります。ニャーオ、ニャオと鳴き声を使い分け、ニャーオ(早く)などと意思を伝えるのです。
 一方、息子が仕事から帰ってきてミーを呼んでも無視。この差はすごいです。それでも息子は「可愛いなあ」となでています。これは、人徳ならぬ猫徳でしょうか。
 夜になると、主人がミーを誘って散歩に出かけます。市川で夜、男の人の周りに白いフワフワしたものが動いていたら、きっとこのふたりです。

(不破知子さん 千葉県/62歳/パート)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/1/21 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい