第1155回 老犬を介護する日々 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1155回 老犬を介護する日々

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 獅子丸(写真)はパグ犬の雄、13歳。4年前に末梢神経マヒで歩行困難になり、昨年11月からは立つことさえできなくなりました。
 犬が立てなくなると、自分では食事も水も取れず、ウンチやオシッコはその場にするしかなくなります。
 食事は、ドッグフードと缶詰を混ぜたものを私の手から約30分かけて少しずつ食べさせます。
 水も少しずつ飲ませるのですが、5分おきに飲ませて計1時間半かかります。「丸く~ん! お水ですよぉ~」と声をかけると意味がわかるらしく、寝ていた首を持ち上げます。これがカワイイのです。
 夜眠るときはオムツをしますが、昼間はウンチし放題。ころころだから扱いは簡単で、トイレットペーパーに包んで捨てます。
 眠っているときにウンチをすると、「ウンチが出たよぉ~」という合図なのか、ワンワン吠えます。先日、ビックリしたのは、昼寝中にウンチをしたので始末をしようとしたら、私がやりやすいように絶妙なタイミングで、絶妙な方角に足をあげたのです。四肢が不自由なはずなのに……。
 オシッコは1日に4回、乳母車で散歩に出てします。最初は乳母車の中のオシッコシートの上に。次は私が歩道に新聞紙を敷き、その上に獅子丸を降ろして腰の辺りを軽くたたきながら「オシッコ、シーシー」と言うと、新聞紙の上にします。
 1月にはお医者さんから「そろそろですかねぇ」と言われたのに、暑い7月から食欲が旺盛になって、体重が400グラムも増えました。
 体重6キロの獅子丸を抱えるのは大変で、私はいつも背中や腰が痛み、鎮痛剤が手放せません。
「獅子丸があの世に行くのと私がへたばるのとどっちが先かなぁ」なんて思いながら日々を送っています。

(杉野恵一さん 東京都/73歳/無職)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/12/10 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい