リル・ナズ・X、「オールド・タウン・ロード」MVの再生回数が10億回突破

2022/08/12 13:41

リル・ナズ・X、「オールド・タウン・ロード」MVの再生回数が10億回突破
リル・ナズ・X、「オールド・タウン・ロード」MVの再生回数が10億回突破


 現地時間2022年8月10日、リル・ナズ・Xによるヒップホップとカントリーを融合した大ヒット曲「オールド・タウン・ロード feat. ビリー・レイ・サイラス」のミュージック・ビデオのYouTube再生数が10億回を超えたことがわかった。MV再生数が10億回を記録するのは、両者にとって初となる。
 MVは、ウェスタン風の衣装に身を包み、馬に乗った23歳のリル・ナズ・Xの姿で幕をあける。現代の街に馴染めない様子の彼は、ビリー・レイ・サイラスことカントリー・キングと出会い、同じようにワイルド・ウェスタンを愛する人々が集まるコミュニティ・センターに辿り着く。そして、彼らとスクエア・ダンスを踊ったり、カウボーイ・ハットとブーツ、煌びやかなフリンジ付きのシャツを着て、ステージ上でパフォーマンスを披露している。
 二人は、「オールド・タウン・ロード(オフィシャル・ムービー)」と題されたMVのロング・バージョンも制作しており、現時点で約6億5000万回再生されている。リル・ナズ・Xのデビュー・シングルとして2018年にリリースされた「オールド・タウン・ロード」は、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で19週にわたり1位となり、歴代最長記録を叩き出した。
 ビリー・レイが楽曲に参加したのは、「オールド・タウン・ロード」がリル・ナズ・Xのレーベル、コロンビア・レコードからシングルとして再リリースされた直後となる2019年春だ。その後、ビリー・レイは、リル・ナズ・Xが自分にとって家族のような存在だと語っており、一方でリル・ナズ・Xは、2019年に米ビルボードに対し、ビリー・レイが「オールド・タウン・ロード」の大ヒットがもたらした名声に圧倒された時のために、「周りが速く動きすぎているときは、ただ立ち止まればいい」というアドバイスをくれたと話していた。

あわせて読みたい

  • リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」、米レコード協会によって最速でダイアモンド認定をうけた楽曲に

    リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」、米レコード協会によって最速でダイアモンド認定をうけた楽曲に

    Billboard JAPAN

    10/23

    【ニールセン・ミュージック2019年上半期チャート】ソング部門はリル・ナズ・Xが首位独占

    【ニールセン・ミュージック2019年上半期チャート】ソング部門はリル・ナズ・Xが首位独占

    Billboard JAPAN

    6/28

  • ブロンディ、大ヒット中の「オールド・タウン・ロード」をライブでカヴァー

    ブロンディ、大ヒット中の「オールド・タウン・ロード」をライブでカヴァー

    Billboard JAPAN

    7/25

    リル・ナズ・X、「オールド・タウン・ロード」が米国で史上最高の“14xプラチナ”認定

    リル・ナズ・X、「オールド・タウン・ロード」が米国で史上最高の“14xプラチナ”認定

    Billboard JAPAN

    1/12

  • リル・ナズ・X、今週末デビューEPの詳細を発表

    リル・ナズ・X、今週末デビューEPの詳細を発表

    Billboard JAPAN

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す