シルク・ソニック、デビューAL発売を来年に延期した理由を明かす「一気見されたくない」

2021/08/19 14:02

シルク・ソニック、デビューAL発売を来年に延期した理由を明かす「一気見されたくない」
シルク・ソニック、デビューAL発売を来年に延期した理由を明かす「一気見されたくない」


 ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが、シルク・ソニックのデビュー・アルバムのリリースを2022年1月まで延期したと、米ローリング・ストーン誌のカヴァー・ストーリーで明かしている。
 この最新インタビューで二人は、今年の秋に予定されていたグループのデビュー・アルバム『An Evening With Silk Sonic』の当初のリリースを延期し、その間にゆっくりと曲を発表することにしたと説明している。
 ブルーノが、「一気見されたくないんだ」と述べ、「俺たちは今、マジで修正モードに入っている。アルバムの大部分の骨組みはできているから、あとは……“グリース”が必要な部分を修正しているところだよ」と説明すると、アンダーソンは、「それは曲を一から作り直すことを意味するかもしれない!」と、笑いながら付け加えている。
 シルク・ソニックの二人は、スペシャル・ゲストのブーツィー・コリンズを迎えたこのプロジェクトを2月下旬に発表したあと、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でNo.1を獲得したリード・シングル「Leave the Door Open」を3月5日にリリースした。今のところ先行リリースされているのはこのシングルと、“Hot R&B/Hip-Hop Songs”チャートでTOP10入りした待望のセカンド・シングル「Skate」だけだ。
 60年代、70年代のフィリー・ソウルとファンク・サウンドをアルバムで再現するために、シルク・ソニックはドラム雑誌などの古い資料を研究し、「Leave the Door Open」のミュージック・ビデオのように、ミュージシャンでいっぱいの部屋に数本のマイクだけを使い、時代に合った方法でレコーディングを行ったという。しかし、ブルーノの緻密なレコーディング(そして再レコーディング、再々レコーディング)のプロセスを考慮し、1stシングルのリリースに関しては自分たちに“プレッシャー”をかけたと明かしており、「Leave the Door Open」のブリッジの作業では“バンドが崩壊しそうになった”とさえ主張している。
 ブルーノは、「でも、締め切りは大事なんだよ、だってある時点で“これだ”って言わなければならないから。そうしないと嫌になるまで作業をすることになる」と述べ、「ただ、そこには美しさがある。嫌にならなければならないんだよ、だってそれは愛と時間と情熱を注ぎ込んだってことであって、それは骨が折れるものだから」と説明している。

あわせて読みたい

  • ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パーク、シルク・ソニックとして新曲「Leave The Door Open」を公開

    ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パーク、シルク・ソニックとして新曲「Leave The Door Open」を公開

    Billboard JAPAN

    3/5

    シルク・ソニック、限定CDシングル「Leave the Door Open (Live)」のリリースを発表

    シルク・ソニック、限定CDシングル「Leave the Door Open (Live)」のリリースを発表

    Billboard JAPAN

    3/31

  • ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パークによるシルク・ソニック、夏にピッタリな2ndシングル「スケート」解禁

    ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パークによるシルク・ソニック、夏にピッタリな2ndシングル「スケート」解禁

    Billboard JAPAN

    7/30

    シルク・ソニック、「Leave the Door Open」の全米No.1獲得を祝福「みんなには感謝しきれない」

    シルク・ソニック、「Leave the Door Open」の全米No.1獲得を祝福「みんなには感謝しきれない」

    Billboard JAPAN

    4/13

  • ブルーノ・マーズ、全米レコード協会から史上初となる5曲のダイヤモンド認定を受ける

    ブルーノ・マーズ、全米レコード協会から史上初となる5曲のダイヤモンド認定を受ける

    Billboard JAPAN

    5/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す