エラード・ネグロ、<4AD>移籍第一弾アルバムが10/22発売決定&新曲「Gemini and Leo」解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エラード・ネグロ、<4AD>移籍第一弾アルバムが10/22発売決定&新曲「Gemini and Leo」解禁

Billboard JAPAN
エラード・ネグロ、<4AD>移籍第一弾アルバムが10/22発売決定&新曲「Gemini and Leo」解禁

エラード・ネグロ、<4AD>移籍第一弾アルバムが10/22発売決定&新曲「Gemini and Leo」解禁


 2019年にリリースされた前作『This Is How You Smile』が世界中で絶賛された米NYインディの良心エラード・ネグロことロベルト・カルロス・ランゲが<4AD>移籍第一弾作品にして通算7作目となるオリジナル・アルバム『Far In』を2021年10月22日にリリースする。同作より1stシングル「Gemini and Leo」が解禁され、ラン・ザ・ジュエルズやTペインともコラボレートする人気クリエイティヴ・ディレクター、ジェイコブ・エスコベドが監督を務めたサイケデリックでファニーなアニメーションMVも同時公開された。

 新曲「Gemini and Leo」はロベルトが少年時代に触れた80年代南フロリダのクラブ・トラックと90年代ヒップホップを下敷きに、アップテンポなブレイクビーツとジェン・ワズナーによるファンキーなベースライン、オパル・ホイトのコズミックに渦巻く柔らかなシンセに包まれた主役の美声が浮遊する多幸感あふれた一曲。アルバムは2020年夏に訪れた米テキサスの砂漠に囲まれた辺境地マーファに大きなインスピレーションを得て作曲され、カニエ・ ウェストの<G.O.O.D. Music>に処女作を残す才媛ケイシー・ヒル、米ブルックリンの盟友ブスカブラ、プリンセス・ノキア仕事などで知られるプロデューサーのベナミンらを迎えて活動拠点である米ニューヨークでレコーディングされた。

 ロベルト・カルロス・ランゲはプレフューズ73ことスコット・ヘレンとのサヴァス&サヴァラスやビートメイカー名義エプスタインとしてキャリアをスタートし、2009年にスフィアン・スティーヴンスが主宰する<Asthmatic Kitty>よりエラード・ネグロとしてデビュー。自身の作品をリリースしながらデヴェンドラ・バンハート やジュリアナ・バーウィックとのコラボレーションでも名を揚げ、<Rvng Intl.>から2019年にリリースされたアルバム『This Is How You Smile』で世界的評価を獲得した。

 ヒップホップ、トロピカリズモ、エレクトロニカを甘いサイケデリアで醸造して自身のスタイルをさらに追求した最新作『Far In』の日本盤CDにはボーナス・トラックが追加収録され、解説・歌詞対訳を封入。輸入盤CD/LPも同時発売となり、本日より各店にて随時予約スタートとなる。

◎リリース情報
アルバム『Far In』
2021/10/22 RELEASE
4AD0399CDJP / 2,200円(plus tax)
国内盤特典:オリジナルステッカー封入 / 解説書・歌詞対訳封入


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい