仏SSW、ルイ・フィリップがザ・ナイト・メールと完成させた新アルバム『サンダークラウズ』リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仏SSW、ルイ・フィリップがザ・ナイト・メールと完成させた新アルバム『サンダークラウズ』リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
仏SSW、ルイ・フィリップがザ・ナイト・メールと完成させた新アルバム『サンダークラウズ』リリース

仏SSW、ルイ・フィリップがザ・ナイト・メールと完成させた新アルバム『サンダークラウズ』リリース


 フランスのシンガーソングライター/ミュージシャン、ルイ・フィリップがトリオ編成バンド“ザ・ナイト・メール”とともに完成させたアルバム『サンダークラウズ』を12月16日にリリースする。

 フットボール・ジャーナリストとしても活躍するルイ・フィリップは、1980年代後半から1990年代にかけてネオアコ・ファンから強い支持を得たマイク・オールウェイによる伝説的レーベル“el Records”の中心アーティストとして活動。同レーベルのハウス・プロデューサー/ソングライターを務めた他、ハイ・ラマズ、Towa Tei、マーティン・ニューウェル、ビッグ・ビッグ・トレイン等とのコラボレーションでも知られる人物だ。

 2020年6月、ルイ・フィリップはスチュアート・モクサム(ヤング・マーブル・ジャイアンツ)とのコラボアルバム『ザ・デヴィル・ラフズ』をリリース。これに続く本作『サンダークラウズ』は、Robert Rotifer(G)、Andy Lewis(B)、Ian Button(Dr)の3人から成るバンド、ザ・ナイト・メールと共演した作品となる。フィリップが彼らと最初にプレイしたのは2017年にロンドンで行われたTapete Recordsの15周年記念ライヴで、その夜、アルバム制作の約束を4人で交わしたとのこと。3年を経て完成、リリースに至っている

 なお、アルバム『サンダークラウズ』からは「Fall In A Daydream」のミュージックビデオが公開中。同曲に代表されるような牧歌的なものや、今の季節に合う切ないメロディーをフィーチャーした良曲の数々を、時にジャジーな大人アレンジでしっぽり聴かせる好盤に仕上がっている。



◎リリース情報
アルバム『THUNDERCLOUDS(サンダークラウズ)』
2020/12/16 Release
TR481CDJ 2,280円(tax out)
1. Living On Borrowed Time
2. Once In A Lifetime Of Lies
3. Rio Grande
4. Willow
5. Fall In A Daydream
6. Thunderclouds
7. Love Is The Only Light
8. Alphaville
9. No Sound
10. The Man Who Had It All
11. The Mighty Owl
12. Do I
13. When London Burns


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい