【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン

【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン


 2020年3月30日付(集計期間:2020年3月16日~2020年3月22日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、ジャニーズWESTの『W trouble』が総合首位を獲得した。

 『W trouble』は、ジャニーズWESTの6枚目のオリジナル・アルバムで、ゴスペラーズ、RYOJI(ケツメイシ)、JIN(GReeeeN プロデューサー)からの提供楽曲など、全12曲が収録されている。そのCDセールスは初動3日間で157,895枚、週間では187,215枚を売り上げており、同指標で1位を記録。ルックアップでも1位を記録して、2冠で総合首位獲得となった。

 総合2位には、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの『RAISE THE FLAG』がチャートイン。通算8作目のオリジナル・アルバムである本作は、CDセールス2位、ルックアップ4位、ダウンロード6位を記録している。そして、総合3位にはStray Kidsの日本デビュー・アルバム『SKZ2020』がチャートインしており、CDセールスで3位を記録している。

 また、総合4位には東京スカパラダイスオーケストラによるベスト・アルバム『TOKYO SKA TREASURES ~ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ~』、総合5位にはUruの『オリオンブルー』がチャートイン。これで、トップ5はすべて当週リリースされた作品が並ぶことになった。トップ20で見てみても、計17タイトルが当週リリースされた作品という、初登場組が目立つ当週の総合アルバム・チャートとなった。

 そんな中、Official髭男dismの『Traveler』は総合6位に、King Gnuの『CEREMONY』は総合7位にチャートインしている。特に『CEREMONY』はチャートイン10週目にして初めてトップ5から外れることになった。それでも『Traveler』はダウンロード3位、ルックアップ3位、『CEREMONY』もダウンロード4位、ルックアップ2位を記録。『Traveler』に至っては、順位こそ下がっているが前週よりも高いポイントを獲得している。両作とも、まだまだトップ10をキープしそうだ。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『W trouble』ジャニーズWEST
2位『RAISE THE FLAG』三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
3位『SKZ2020』Stray Kids
4位『TOKYO SKA TREASURES ~ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ~』東京スカパラダイスオーケストラ
5位『オリオンブルー』Uru
6位『Traveler』Official髭男dism
7位『CEREMONY』King Gnu
8位『Happy Ending』大滝詠一
9位『SMASH The PAINT!!』にじさんじ
10位『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』GLAY
11位『FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS - EP』(ゲーム・ミュージック)
12位『blue bird』パク・ボゴム
13位『Empathy』上田麗奈
14位『DJ DAISHIZEN Presents 三浦大知 NON STOP DJ MIX Vol.2』三浦大知
15位『Gift from Fanks T』TM NETWORK
16位『Gift from Fanks M』TM NETWORK
17位『Breath of Bless』ASKA
18位『ULTIMA』lynch.
19位『SINGULARITY』Lead
20位『You are ROTTENGRAFFTY』ROTTENGRAFFTY


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい