【先ヨミ・デジタル】ダウンロード解禁となったMr.Children『重力と呼吸』がアルバム首位に 2位の星野源とは僅か5DL差 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】ダウンロード解禁となったMr.Children『重力と呼吸』がアルバム首位に 2位の星野源とは僅か5DL差

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【先ヨミ・デジタル】ダウンロード解禁となったMr.Children『重力と呼吸』がアルバム首位に 2位の星野源とは僅か5DL差

【先ヨミ・デジタル】ダウンロード解禁となったMr.Children『重力と呼吸』がアルバム首位に 2位の星野源とは僅か5DL差

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年1月28日~1月30日の集計が明らかとなり、Mr.Children『重力と呼吸』が1,033DLで首位を走っている。
 
 2018年10月3日にCDリリースされた本作は、先週1月25日よりダウンロード配信がスタート。2月4日付チャート(集計期間:1月21日~1月27日)でも6位を獲得し、2週目となる当週前半では首位に躍り出た。

 そんな『重力と呼吸』と僅か5DL差となっているのが、星野源『POP VIRUS』。リリースから1か月以上が経った現在でも、週前半で1,028DLを記録する根強さを見せている。さらに『POP VIRUS』を105DL差で追うのが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラック。同作も2018年11月19日付チャート(集計期間:11月5日~11月11日)よりTOP3をキープしており、当週も923DLで3位に留まっている。

 2月4日付チャートで1位を獲得したバックストリート・ボーイズ『DNA』は、550DLで現在5位。リリース2週目も好調なセールスとなっている。リリース1週目の作品では、7位にHilcrhyme『Hilcrhyme』、8位に中島美嘉『雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE』が速報トップ10入りを果たした。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年1月28日~1月30日の集計)
1位『重力と呼吸』Mr.Children
2位『POP VIRUS』星野源
3位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
4位『BOOTLEG』米津玄師
5位『DNA』バックストリート・ボーイズ
6位『Queen Jewels』クイーン
7位『Hilcrhyme』Hilcrhyme
8位『雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE』中島 美嘉
9位『2019 Grammy Nominees』Various Artists
10位『Sympa』King Gnu


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい