メキシコで発見された新種の植物、ジミ・ヘンドリックスにちなんで命名 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メキシコで発見された新種の植物、ジミ・ヘンドリックスにちなんで命名

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
メキシコで発見された新種の植物、ジミ・ヘンドリックスにちなんで命名

メキシコで発見された新種の植物、ジミ・ヘンドリックスにちなんで命名

 新たに発見された珍しい植物を、米カリフォルニア州の研究者たちがジミ・ヘンドリックスの名をとって命名した。


 メキシコのバハ・カリフォルニアで発見されたこの植物は「Dudleya hendrixii」と名付けられた。意味は「ヘンドリックスのリヴ・フォーエバー」。リヴ・フォーエバーはその名の通りとても長い寿命を持つ多肉植物の一種だ。


 この新種は約30cmに満たない細長い姿で、夏に枯れて秋に再び咲くピンクがかった白い花をつける。


 サンディエゴ州立大学によると、元大学院生のマーク・ドデロがこの新種を発見した時、ヘンドリックスの「Voodoo Child」を聞いていたそうだ。そこでドデロとカリフォルニア大学サンタクルーズ校のスティーブン・マケイブ(Stephen McCabe)は伝説のギタリストにちなんで名付けたとのこと。


 ところが、ヘンドリックスの不朽の音楽とは異なり、この植物の生存が危ぶまれている。サンディエゴ州立大学によると、この植物が生息する2エーカー(約8094平方メートル)ほどの土地は農業やオフロード車両や開発で失われようとしているそうだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい