ケンドリック・ラマー最多11部門、第58回グラミー候補発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケンドリック・ラマー最多11部門、第58回グラミー候補発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ケンドリック・ラマー最多11部門、第58回グラミー候補発表

ケンドリック・ラマー最多11部門、第58回グラミー候補発表

 第58回グラミー賞全83部門のノミネーションが発表され、ケンドリック・ラマーが最多11部門にノミネートされたことが分かった。


 続く、テイラー・スウィフト、ザ・ウィークエンドは7部門、ドレイクらが6部門ノミネート。そして日本人としては、 渡辺謙が主演した「王様と私」が最優秀劇場ミュージカル・アルバムにノミネート。最優秀オペラ・レコーディングでは、小澤征爾が指揮した「Ravel: L‘Enfant Et Les Sortileges; Sheherazade (ラヴェル:「こどもと魔法」)」がノミネート。最優秀ミュージック・ビデオでは、 Shin Nishigaki がビデオプロデューサーを務めた
「LSD」(ASAP Rocky)がノミネートされました


第58回グラミー賞授賞式は、2016年2月15日(日本時間16日)に開催。WOWOWで生中継される。


主要4部門ノミネーション
◎年間最優秀レコード候補
「Really Love」ディアンジェロ・アンド・ザ・ヴァンガード
「Uptown Funk」マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ
「Thinking Out Loud」エド・シーラン
「Blank Space」テイラー・スウィフト
「Can‘t Feel My Face」ザ・ウィークエンド


◎年間最優秀アルバム候補
「Sound & Color」アラバマ・シェイクス
「To Pimp a Butterfly」ケンドリック・ラマー
「Traveller」クリス・ステープルトン
「1989」テイラー・スウィフト
「Beauty Behind the Madness」ザ・ウィークエンド


◎年間最優秀楽曲候補
「Alright」(ケンドリック・ラマー)
「Blank Space」(テイラー・スウィフト)
「Girl Crush」(リトル・ビッグ・タウン)
「See You Again」(ウィズ・カリファ ft. チャーリー・プース)
「Thinking Out Loud」(エド・シーラン)


◎最優秀新人賞候補
コートニー・バーネット
ジェイムス・ベイ
サム・ハント
トリ―・ケリー
メーガン・トレイナー


◎放送概要
WOWOWプライム「生中継!第58回グラミー賞授賞式」 
※生中継、二ヵ国語(同時通訳)
2016年2月16日(火)9:00


WOWOWライブ「第58回グラミー賞授賞式」 
※リピート放送、字幕
2016年2月16日(火)22:00


写真(c)Getty images


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい