アレサ・フランクリン(73)、過労によりラスベガス公演をキャンセル 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アレサ・フランクリン(73)、過労によりラスベガス公演をキャンセル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

アレサ・フランクリン(73)、過労によりラスベガス公演をキャンセル

アレサ・フランクリン(73)、過労によりラスベガス公演をキャンセル

 アレサ・フランクリンが8月14日の夜にラスベガスで予定されていたショーをキャンセルすることが明らかになった。極度の疲労が理由だという。


 現在73歳の同シンガーは11日に出した声明にて、コンサートのためデトロイトからウエストコーストへバスで移動したものの、コロシアム・アット・シーザース・パレスでのショーの日程をリスケジュールせざるを得ないと述べている。


 彼女は最近、ロサンゼルスやサンタバーバラ、カリフォルニア、オークランド(カリフォルニア州)で公演を行った。


 アレサ・フランクリンは、「チケットを買ってくださったファンの皆さん、友人たち、そしてサポートしてくださる皆さん、どうもありがとう。すぐに皆さんに会えることを願っています」と綴っている。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい