名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は?

名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は?

 4月13日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”が発表され、アイドルファンの間で話題を呼んでいたSKE48とNMB48の直接対決の結果が明らかに。実売セールスではNMB48のニューシングル『Don't look back!』に軍配が上がった。


 今週のチャートでは、シングル『Don't look back!』が実売数12.6万枚で首位を獲得。一方、同日発売のSKE48 ニューシングル『コケティッシュ渋滞中』は実売数9.2万枚で2位となり、キャリアでは後輩にあたる大阪発のNMB48がチャートを制覇して見事に下克上を果たした。


 また、チャートは3位に計10種類の形態でリリースされた己龍『九尾』がチャートイン。“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT”シリーズ第4弾のCANDY ISLANDが4位となり、℃-uteのニューシングル『The Middle Management~女性中間管理職~ / 我武者LIFE / 次の角を曲がれ』が5位にそれぞれ入っている。




◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”
(2015年4月13日付)
1位.NMB48『Don't look back!』
2位.SKE48『コケティッシュ渋滞中』
3位.己龍『九尾』
4位.CANDY ISLAND『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 04 Happy×2 Days』
5位.℃-ute『The Middle Management~女性中間管理職~ / 我武者LIFE / 次の角を曲がれ』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい