AERA 2020年9月7日売り表紙に黒羽麻璃央さんが登場!
AERA 2020年9月7日売り表紙に黒羽麻璃央さんが登場!
この記事の写真をすべて見る

 2.5次元のトップランナーの一人、黒羽麻璃央さんがAERAに登場。「ミュージカル『刀剣乱舞』」への出演でも人気を集める黒羽さんが、現在の活動にかける思いを語った。AERA 2020年9月14日号から。

【特集】熱狂!2.5次元は魔法の世界 写真はこちら

*  *  *

「黒羽麻璃央」と検索すると、上位の関連ワードに「背中」と出るほど、ファンの間では美背中で知られる。確かにスベスベで、ほどよく筋肉がついたその背中は見事に美しい。本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花も、シャッターを切りながら呟いた。「すごい! 背中が光ってる」

 本人はどうにも照れくさそうだ。

「うれしいけど、不思議な感覚です。自分では見えないですし(笑)」

「ミュージカル『刀剣乱舞』」の中心的な存在である三日月宗近役を演じるなど、2.5次元舞台を代表する人気俳優だ。

 一方で、グランドミュージカルの世界にも進出。今年20周年を迎える東宝版「エリザベート」では、歴代最年少で主要なルキーニ役に大抜擢(ばってき)された。

「でも、自信なんてみじんもないです。もっと努力しないとヤバイ、消えてしまうという危機感は常にあります」

 子どものころから漠然と「テレビに出る人」に憧れていた。

「芸能人になってちやほやされたい、みたいな思いが昔はあったのかもしれない。でも、いろいろな挫折をして、挫折をしながらも自分の歌やお芝居で感動してくれてる人がいて、舞台や役者というお仕事が好きになって。今ではこれしかできないと思えるくらいになりました」

 放送中の月9ドラマ「SUITS/スーツ2」では織田裕二演じる敏腕弁護士、甲斐正午の新しい秘書役として出演。バラエティー番組にも出演するなど、テレビの世界にも活躍の場を広げている。いつかは朝ドラに出たいという夢もある。ただ、これからの目標を尋ねると即答した。

「早く舞台に立ちたいです! 今年は中止が相次いでいるので……」

 今は舞台に夢中。自信がないからこそ経験を重ねたい。静かに言葉を紡ぐ姿から、確かな熱意が伝わってきた。(ライター・大道絵里子)

AERA 2020年9月14日号

暮らしとモノ班 for promotion
いよいよ「Amazonプライムデー」開始!おすすめ商品やセールで得するために知っておきたいこと一挙紹介