1月1日に聖イグナチオ教会(東京都千代田区)で開催された「年越し大人食堂」。1月3日も開催される(撮影:野村昌二)
1月1日に聖イグナチオ教会(東京都千代田区)で開催された「年越し大人食堂」。1月3日も開催される(撮影:野村昌二)
この記事の写真をすべて見る

「まさか、正月を路上で過ごすとは……」

 1月1日、東京都千代田区の聖イグナチオ教会で開かれた「年越し大人食堂」。食事配布の列に並んでいた男性(51)は、重い表情で語った。

【写真】相談窓口には、若年層や女性の相談も目立った

 都内で10年近く飲食店を経営していたが、コロナ禍でお客が激減。家賃を滞納するようになり6月に店を閉じた。やがて住まいの家賃も払えなくなり、貯金が底をつき、9月に路上に出た。

 いま一番困っているのは、寝る場所と食事だという。公園で寝泊まりしているが、厳しい寒さの中、命の危険すら感じる。食事はここしばらく1日1食しか食べていない。生活保護の申請を考えているという男性は、ぽつりとこぼした。

「もう限界。このままでは死んでしまう」

 大人食堂を開催したのは、労働・貧困問題に取り組む約40の支援団体でつくる「新型コロナ災害緊急アクション」。公的機関の窓口が縮小される年末年始、新型コロナウイルスの影響で仕事と住まいを失った人たちを支援につなぐことを目的に開催した。手作りの食事提供と生活・労働・医療、そして宿泊相談を開く。この日、正午から行われた約200食分の食事の提供には、開始前から80人近い列ができた。

 事務局長の瀬戸大作さんは言う。

著者プロフィールを見る
野村昌二

野村昌二

ニュース週刊誌『AERA』記者。格差、貧困、マイノリティの問題を中心に、ときどきサブカルなども書いています。著書に『ぼくたちクルド人』。大切にしたのは、人が幸せに生きる権利。

野村昌二の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?
次のページ
「自分の力だけではどうしようもできない人たちばかり」