河北麻友子 [撮影/写真部・高野楓菜、ヘアメイク/相場清志(eif)、スタイリング/池田直美(佐々木事務所)、衣装協力/ENFOLD アクセサリー:e.m.]
河北麻友子 [撮影/写真部・高野楓菜、ヘアメイク/相場清志(eif)、スタイリング/池田直美(佐々木事務所)、衣装協力/ENFOLD アクセサリー:e.m.]

 映画やドラマからバラエティー番組まで、マルチに活躍する河北麻友子さん。ニューヨークで生まれ育ち、「国民的美少女コンテスト」グランプリを機に家族も日本へ。作家・林真理子さんとの対談では、仲睦まじい河北一家の様子を伺いました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

河北麻友子、初対面の出川哲朗に「本番以外では、テッちゃんって呼ぶ!」】より続く

*  *  *

林:「9・11」(2001年)のときは、ニューヨークにいたんですか。

河北:いました。学校が近かったので、けっこう大変でした。

林:それはすごい体験ですね。あのときは学校にいたんですか。

河北:お兄ちゃんもお姉ちゃんも私も学校にいました。私たちはトライベッカ(産業用ビルが住宅用建物に転換され、多くのセレブが住むマンハッタンの高級地区)に住んでいたんですが、ツインタワーはトライベッカの近くなんです。ダディーとマミーの職場もトライベッカにあって、1機目が飛び込んだあと、マミーがダディーに「大変なことになってる!」って電話して、ダディーが屋上に出たときに、ちょうど2機目が飛び込むのを見たんです。

林:なんか鳥肌が立ちそう。

河北:ダディーとマミーが手分けして学校にいる私たちを迎えに来て、私たちはおうちがあるツインタワー方面に歩いていったのに対して、みんな全員がツインタワーと逆方向に逃げていたのを覚えてます。

林:そうなんだ。すごい経験をしましたね。アメリカの子どもたちはあのことをどんなふうに教わったんですか。

河北:最初は何だかわからなかったんですけど、あとでテロだと教わって。

林:なんでこういうことになったのかも教わるんですか。

河北:はい、そうですね。家族みんなで現場を訪れてお祈りをしたりもしました。

林:今日のアフガニスタン問題なんかも、ご家族で話し合ったり?

河北:ダディーが教えてくれたりしますね。実家にいたころ、ダディーは毎日、洗面台の鏡に顔が見えないぐらい新聞記事を貼って、そこに何か書いた付箋も貼っていたんですよ。子どもたちに普段から世の中のことを意識させたいと思っていたんだと思いますが、私たちは朝、鏡を見たいときにそれをはがすのが大変でした(笑)。

次のページ