メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

今週末は太平洋側ではおおむね晴れて天気の崩れはない見込みで、紅葉狩りにもよい陽気となりそうです。一方、寒気の影響を受ける日本海側は所々で雨や雪で、降り方が強まる所もあるでしょう。

土曜日・日曜日 太平洋側は晴れ 日本海側は雨や雪

画像A
画像A

あす土曜日(5日)、あさって日曜日(6日)は、日本付近は緩やかに高気圧に覆われる見込みです。一方、上空には寒気が居座るでしょう。
土曜日、日曜日とも、太平洋側の地域はおおむね晴れて行楽日和となるでしょう。天気の崩れはない見込みで、紅葉狩りにもよい陽気となりそうです。一方、寒気の影響を受ける日本海側の地域では、雨が降るでしょう。北海道や東北北部では雪となる所がありそうです。峠越えの際は、車の運転や路面状況の変化など十分にご注意ください。

日本海側では雨脚が強まることも

画像B
画像B

日曜日の午前中は、東北の日本海側や北陸付近を、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過する見込みです。上の図の発雷確率をみると、日曜日の朝は、東北の日本海側で確率が高くなっています。大気の状態が不安定となって、局地的にカミナリを伴い雨脚の強まることがありそうです。落雷や急な強い雨にご注意ください。

週末の気温は? 関東では予想よりもヒンヤリする可能性も

土曜日・日曜日は、最高気温は、北海道で10度くらい、東北や北陸は15度前後、東海から九州は20度くらいの予想です。最低気温は、北海道や東北で5度前後で、山間部では0度を下回る所もあるでしょう。関東から九州は10度くらいの予想です。

関東は、土曜日の最高気温は17度~18度の予想ですが、午前中は湿った空気の影響を受け、雲が広がりやすいでしょう。日差しの出るのが遅くなると、予想よりも気温が上がらない可能性があります。午前中からお出かけになる場合は、念のため一枚多く上着を用意した方がよさそうです。

暮らしとモノ班 for promotion
いよいよ「Amazonプライムデー」開始!おすすめ商品やセールで得するために知っておきたいこと一挙紹介