小池百合子東京都知事は「勝負」に出るか?
小池百合子東京都知事は「勝負」に出るか?
この記事の写真をすべて見る

 参院選に「圧勝」した岸田文雄首相が目指すのは、「自公国3党連立政権」だ。日本維新の会も加え、自民党の党是である憲法改正に必要な3分の2の議席数を確保する狙いがあるとみられる。

【予測される参院選の主な立候補予定者はこちら】

 4月14日、岸田首相は官邸に遠藤利明選対委員長を呼んだ。野党である国民民主党の協力を確かなものにしようと、参院選で山形に公認候補を立てず、同党の現職、舟山康江氏に事実上議席を譲る方針を固め、反発を強める県連に理解と協力を求めようとしたのだ。

 政府関係者によると、岸田首相は「選対委員長の立場で、地元・山形なのに、大変申し訳ない」と頭を下げた。これに対し遠藤氏は「明後日、県連で頭を下げてきます。ボコボコにされてきますから」と首相を気遣ったという。16日、山形市で開かれた自民党山形県連政経セミナーで、遠藤氏は県連から「なぜ自民党の旗を降ろすのだ」と文字どおりボコボコに批判された。19日の党総務会でも同様の批判が相次いだが、頭を下げ続けた。

 遠藤氏は谷垣グループの代表世話人を務める。谷垣グループは岸田派と同じ宏池会を源流とする。遠藤氏は岸田首相が総裁選に出馬した際に選対本部長を務めるなど、いまや首相の側近の一人だ。

 遠藤氏は本誌の取材に対し、官邸には呼ばれたが岸田首相が頭を下げたり、「ボコボコにされてくる」と発言したりはしていないと否定。「総理とは、あうんの呼吸だ」と述べるにとどまったが、「連立がうまくいく方向になれば論功行賞で重要閣僚として入閣するのでないか」(自民党関係者)との声が早くも聞こえる。

 国民民主への急接近のキーマンと言われているのが、今や岸田首相の「後見人」的存在である麻生太郎副総裁だ。ある自民党幹部がこう語る。

「麻生氏は今年に入り、国民民主の玉木雄一郎代表と東京都内でひそかに会い、玉木氏が訴える、ガソリン高対策のための『トリガー条項』凍結解除の検討や、今回の山形選挙区の件を持ちかけたと聞いています。国民民主は昨年12月、衆院憲法審査会の与党側の協議に日本維新の会と共に参加。憲法論議を促進していく方針で一致するなど、『与党接近』への素地はありましたからね」

暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪
次のページ