奈良時代に中国から遣隋使(遣唐使の説も)が持ち帰ったといわれる梅。万葉集では梅の花を詠んだ歌が119首もあり、古来から春の訪れを知らせる花として人々に愛されていたことが…

続きを読む