ドラマ「孤独のグルメ」といえばこの人、松重豊

 人気グルメ漫画「孤独のグルメ」がテレビドラマ化されたのは2012年。現在、新シーズンは始まっていないものの「孤独のグルメ」(テレビ東京系)はずっと再放送が続いている。その理由を過去の記事から振り返る。(「AERA dot.」2024年3月15日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】あぁ美味しそう!「孤独のグルメ」で紹介された塩わさびがタップリのった豚ロースソテー

*  *  *

 グルメドキュメンタリードラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)は、「孤独のグルメ全話イッキ見!【過去作一挙放送】」と題して、2023年12月31日からひたすら再放送が続いている。現在、シーズンの最後となる「シーズン10」(午後5時45分~)が再放送中だ。なぜ、背広姿の男性がひとりメシを食うだけの物語が人を虜にするのか。

 個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(いのがしら・ごろう/松重豊)が、仕事の合間に飲食店に立ち寄り食事を摂る。ただひたすらその様子を描いた人気ドラマ「孤独のグルメ」は、現在も「孤独のグルメ全話イッキ見!【過去作一挙放送】」の再放送が続いている。

「孤独のグルメ」は原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる同名の漫画作品が原作だ。

 2012年に放送開始したシーズン1から、22年放送のシーズン10までの10シリーズに加え、複数のスペシャル版など多数のコンテンツが制作されてきた。

ドラマ界の「定食」

 再放送が続く理由を、ドラマウオッチャー中村裕一氏は「馴染みの味」に例える。

「私たちの現実のグルメライフでも、季節や時間帯、体調、その時の気分など、シチュエーションが変わっても変わらない、“これだ!”という“味”がありますよね。例えば、馴染みの定食屋さんの定番ランチや、思い出のレストランのメニューといった具合に。

 それと同じで、“刑事ドラマ”や“医療ドラマ”と同じく、『孤独のグルメ』はドラマ界の“定食”である“グルメドラマ”として、完全に定着したと言っても過言ではないでしょう」

 イッキ見の再放送は、何回味わっても「安定の味」でもある、と中村氏は続ける。

「見知らぬ誰かに命を狙われたり、周りを巻き込んだ大恋愛をしたりするわけでもなく、一人のおじさんが頭の中でつぶやきながら淡々と食事をするだけ。なのに、なぜか気になって見入ってしまう。

 井之頭五郎を演じる松重豊さんの演技力・表現力の素晴らしさと相まって、初見の人はもちろん、2回目、3回目でも十分楽しめる内容です。だから、繰り返し放送されるのではないでしょうか」

次のページ
食事のシーンはたっぷり