楽曲「NIGHT DANCER」が日本、韓国をはじめ世界各国でヒットし、瞬く間に“新世代グローバルアーティスト”と称されるようになったimaseさん(撮影/写真映像部・東川哲也、ヘアメイク/向井大輔)

 20歳で音楽をはじめ、わずか1年後にメジャーデビュー。楽曲「NIGHT DANCER」が日本、韓国をはじめ世界各国でヒットし、瞬く間に“新世代グローバルアーティスト”と称されるようになったimase。音楽経験ゼロの状態からスタートし、「“凡人”の戦い方をしてきた」という彼の“ヒット曲の生み出し方”とは。

imaseさんの別カットはこちら!

* * *

音楽経験ゼロから約1年でメジャーデビュー

 岐阜出身、2000年生まれのimaseが音楽をはじめたのは、2020年の秋。家業を手伝うために使っていたパソコンに音楽制作ソフトをインストールし、キーボードを購入。翌年5月、TikTokに「音楽経験0の素人がオリジナル曲を作ってみた(dtm歴4カ月)」と初投稿したのがすべてのはじまりだった。

 その直後にメジャーレーベルから連絡があり、デビューに向けての準備を開始。フル尺の曲を作ったのは、レーベルのスタッフとやりとりするようになってからだという。そして2021年末、シングル「Have a nice day」メジャーデビューを果たした。 

 知名度が上がったきっかけは、「NIGHT DANCER」の大ヒット。BTSのJUNG KOOKのカバー動画にも後押しされ、韓国を筆頭に世界各国で注目を集めた。その後も「ミッドナイトガール」(テレ東ドラマ「チェイサーゲームW パワハラ上司は私の元カノ」主題歌)、「ユートピア」(映画「SAND LAND」主題歌)などの話題曲を次々と発表し、新世代アーティストの旗手と称すべき存在となった。

「メジャーデビューからの3年間はとにかく目まぐるしくて。ライブもそうですが、初めて挑戦することばかりだったので、なんとか食らいついていこうと思っていました。ターニングポイントはやはり『NIGHT DANCER』。韓国とタイでライブをしたときに、お客さんが日本語で全部歌ってくれたのですが、そんなことが起きるなんてまったく想像してなかったのでビックリしました」

著者プロフィールを見る
森朋之

森朋之

森朋之(もり・ともゆき)/音楽ライター。1990年代の終わりからライターとして活動をはじめ、延べ5000組以上のアーティストのインタビューを担当。ロックバンド、シンガーソングライターからアニソンまで、日本のポピュラーミュージック全般が守備範囲。主な寄稿先に、音楽ナタリー、リアルサウンド、オリコンなど。

森朋之の記事一覧はこちら
次のページ
ブレイクの秘訣は?