メイン画像

明日4日と明後日5日は、関東甲信の内陸を中心に30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。GW後半に入りましたが、万全な暑さと紫外線対策が必要です。GW最終日の6日は天気が下り坂で、連休明け7日~9日は傘の出番になるでしょう。

今日3日憲法記念日 25℃以上の夏日が戻る

画像A

GW後半に入りましたが、今日3日憲法記念日は関東甲信各地で晴れて、行楽日和になっています。

今朝は内陸を中心に冷えて、長野県上田市菅平ではマイナス0.9℃、栃木県日光市土呂部では0.8℃まで下がりました。菅平では4月26日以来、1週間ぶりの氷点下になりました。東京都心は11.4℃で、2日連続で、朝は空気がヒンヤリし、上着が必要なくらいでした。

午前のうちから、日差しとともに気温はグングンと上がっています。午後2までの最高気温は、群馬県桐生市と長野県上田市で26.4℃、山梨県甲府市で25.9℃、長野県飯田市南信濃で25.8℃、埼玉県秩父市と寄居町、群馬県沼田市、茨城県大子町で25.7℃など、4月29日以来、4日ぶりの夏日になっている所があります。外で長い時間、過ごされている方は、こまめな水分補給を心がけてください。

明日4日みどりの日と5日こどもの日 30℃以上の真夏日の所も

画像B

明日4日みどりの日と明後日5日こどもの日も晴れて、今日3日憲法記念日よりさらに暑くなるでしょう。暑さのピークは明日と明後日です。最高気温が25℃以上の夏日の所がほとんどで、内陸を中心に30℃以上の真夏日になる所がありそうです。谷では31℃が予想されており、今年一番の暑さになるかもしれません。

屋外でのレジャーやイベント、スポーツなどを予定されている方もいらっしゃるかと思います。暑さにまだ身体が慣れていない時期のため、万全な暑さ対策が必要です。
汗をたくさんかいたら、水分だけでなく、塩分も適度にとりましょう。また、涼しい所でこまめに休憩をとるなど、無理のないよう、お願いいたします。

また、紫外線が強まってきている時期です。うっかり日焼けしないように、日焼け止めクリームをしっかりと塗って、日傘や帽子などで紫外線対策も忘れずに行いましょう。

あると便利な熱中症対策グッズ

画像C

GW後半も屋外のレジャーやイベント、スポーツなどで、外で長い時間、過ごす方もいらっしゃるかと思います。熱中症対策として、次のようなグッズがあると便利です。

① ペットボトルや水筒に入った飲み物(水やスポーツドリンクなど)を用意して、気づいた時に、すぐ水分補給ができるようにしましょう。また、塩分タブレットや塩分の含まれた飴があると、大量の汗によって失われた塩分を、手軽に補給できます。

② 日傘や帽子で、日差しの暑さを遮りましょう。晴れた日は、地面に近い所ほど気温が高いため、背の低いお子さんは、大人よりも暑い空気に包まれてしまいます。また、帽子をかぶると、熱中症対策だけでなく、紫外線対策にも効果的です。帽子は、時々はずして、汗を蒸発させましょう。さらに、海岸など日陰のない所でのレジャーでは、日よけテントがあると、日陰を作り出すことができます。

③ 扇子やうちわ、携帯扇風機もおススメです。涼しい風で、体を冷やすことができます。

④ 冷却シートなどの冷却グッズも、上手に利用しましょう。ネッククーラーは、太い血管が体の表面近くを通っている首元を冷やすため、効率よくクールダウンできます。また、保冷剤や氷があれば、タオルなどにくるみ、体(首、脇の下、太ももの付け根など)にあてて、冷やすことができます。他にも、スカーフやバンダナがあると、水で濡らして首や頭に巻けば、水が蒸発する時にまわりの熱を奪うため、体温を下げることができます。

GW最終日の6日 天気下り坂 連休明け7日~9日も傘が必要

画像D

GW最終日の6日は、日本海から前線を伴った低気圧が近づくため、天気は下り坂です。晴れ間がでる所もありますが、夜は所々で雨が降るでしょう。お帰りが遅くなる方は、念のため雨具をお持ちになってください。
また、南よりの風が強まりますので、車でお出かけされる方は横風に流されないように注意しましょう。

連休明けの7日~9日は、動きの遅い低気圧の影響で、雨が降ったりやんだりするでしょう。この低気圧は上空に寒気を伴っているため、カミナリが鳴ったり、突風が吹くおそれもあります。最新の気象情報をこまめにチェックしてください。

南よりの風が強めに吹き、気温も湿度も高めで、ムシムシとした不快な暑さが続きそうです。室内はエアコンで温度や湿度を適切に調節して、快適の過ごせるようにしましょう。