GettyImages

 新NISA(少額投資非課税制度)では、世界株型や米国株型の投資信託に積み立てておけば安心という見方は多い。だが、好調な日本株に投資する手もあるはずだ。そこで東証株価指数(TOPIX)を上回る好成績のアクティブ投信のうち、新NISAでも買えるものを専門家に調べてもらった。

【ランキング】1位は…直近1年のリターン上位30銘柄はこちら

 この1年で株価は大きく値上がりした。昨年3月末に2万8千円台だった日経平均株価はいま3万8千円台で推移している。特に2024年に入ってから好調で、2月はバブル絶頂期につけた史上最高値を更新して4万円台に乗り、3月22日には4万888円をつけた。

 カバーする銘柄がもっと多く、市場全体の動きをより映しやすいとされるTOPIXも同じく好調だ。バブル期の1989年12月につけた史上最高値2884.80ポイントこそまだ更新できてはいないものの、日経平均が史上最高値をつけた今年3月に2800ポイント台に乗り、現在は2700ポイント台と高値圏で推移する。

 1月に新NISAがスタートし、銘柄選びに悩む投資家もいるだろう。株価の値上がりをみて、個別株を買おうと思っても日本の上場会社だけで3千社以上あり、業績や値動きをチェックするだけも大変だ。

 そこで人気があるのが投資信託だ。一つの投信でも、複数の銘柄や資産にパッケージで投資するので個別株に投資するよりもリスクを減らすことができる。投資のプロに運用を任せることができたり、比較的少ない額から投資できたりする点もメリットだ。

著者プロフィールを見る
池田正史

池田正史

主に身のまわりのお金の問題について取材しています。普段暮らしていてつい見過ごしがちな問題を見つけられるように勉強中です。その地方特有の経済や産業にも関心があります。1975年、茨城県生まれ。慶応大学卒。信託銀行退職後、環境や途上国支援の業界紙、週刊エコノミスト編集部、月刊ニュースがわかる編集室、週刊朝日編集部などを経て現職。

池田正史の記事一覧はこちら
次のページ
やっぱり運用の成績がいいものを。ならば…