メイン画像

今日25日は広く晴れて、各地で気温が上昇中。特に、関東や東海、東北南部では昨日24日に比べて気温が大幅アップ。すでに夏日の所も。まだ体が暑さに慣れていないため、熱中症に注意してください。明日26日はさらに気温上昇、夏日地点は北へ拡大。都心28℃、札幌25℃予想。

関東や東海など気温大幅アップ

画像A

今日25日は、広い範囲で晴れて、各地で気温が上昇中です。
特に、関東や東海、東北南部では昨日24日に比べて大幅に気温が上がっています。

午前11時20分までの最高気温は、静岡県川根本町で26.9℃、前橋市と長野県飯田市南信濃で25.2℃など、午前中から続々と夏日となっています。

東京都心は昨日24日は、上着がないと寒いくらいの体感でしたが、今日25日は24.2℃まで上がり、半袖でも過ごせるような陽気です。

午後もまだ気温が上昇し、関東は広く最高気温が25℃以上の夏日となり、甲府市で31℃まで上がるなど、関東甲信の内陸部では今年初めて30℃以上の真夏日になる可能性があります。
まだ暑くなり始めのこの時期は、体が暑さに慣れていないため、熱中症に注意が必要です。屋外では帽子をかぶるなども熱中症対策になります。
特に、暑さに弱いお年寄りや小さなお子さんにはこまめに声をかけるようにしましょう。

明日26日 夏日エリアが拡大 東京28℃ 福島30℃予想

画像B

明日26日は今日25日よりさらに気温の上がる所が多く、夏日地点が急増するでしょう。
東北や北海道まで25℃以上の予想となっていて、北海道は今日25日に比べて大幅に気温が上がる見込みです。

予想最高気温は、福島、山形で30℃、東京都心、大阪で28℃、札幌、仙台で25℃予想です。夏日どころか真夏日になる所もあるでしょう。
車の中など短時間で気温が上がりやすくなりますので、風通しを良くしたり、適度にエアコンを使用するようにしましょう。

熱中症を引き起こす条件

画像C

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。