陽光を克服した鬼の禰豆子(画像は『鬼滅の刃』公式プロモーションリール2024より)(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【※ネタバレ注意】以下の内容には、アニメ、映画、既刊のコミックスのネタバレが一部含まれます。

【写真】鬼殺隊「最強」と言われる“柱”はこちら

 アニメでも放映された「刀鍛冶の里」の戦い終盤では、ファンの間で“疑問”に思われている場面がある。鬼の禰豆子が陽光に焼かれ苦しみながらも、炭治郎に対して、他の人たちを救うようにうながす様子が描かれるシーン。人々を救いたい竈門兄妹の覚悟と、彼らの兄妹愛を示す名場面だが、一部から「妹を救うために鬼と戦っている炭治郎が、なぜあの場面で禰豆子を“見捨てた”のか?」という声が上がっているのだ。本サイトの「鬼滅連載」でもおなじみの、神戸大学学術研究員で伝承文学研究者の植朗子氏はこのシーンをどう解釈するのか。コラムを寄稿してもらった。

*  *  *

鬼になった妹を救うための物語

 『鬼滅の刃』の冒頭には、鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)の襲撃によって殺された竈門一家の様子が描かれ、唯一生き残った妹・禰豆子が鬼化することで物語が始まります。長兄・炭治郎は鬼の妹に「人間としての生」を取り戻してやるために、鬼狩り集団・鬼殺隊に入隊し、厳しい訓練と、激しい戦闘に身をおくようになります。

「禰豆子 死ぬなよ 死ぬな 絶対助けてやるからな 死なせない 兄ちゃんが絶対助けてやるからな」(竈門炭治郎/1巻・第1話「残酷」)

 この「兄ちゃん」という言葉は鬼滅のキーワードのひとつです。「自分の命を捨てたとしても妹のために戦う」という決意を、炭治郎は物語の最初から繰り返し示し続けます。

著者プロフィールを見る
植朗子

植朗子

伝承文学研究者。神戸大学国際文化学研究推進インスティテュート学術研究員。1977年和歌山県生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科博士課程修了。博士(学術)。著書に『鬼滅夜話』(扶桑社)、『キャラクターたちの運命論』(平凡社新書)、共著に『はじまりが見える世界の神話』(創元社)など。

植朗子の記事一覧はこちら
次のページ
「一緒に生きる」は「ともに死ぬ」こと