メイン画像

3連休最終日の今日25日(日)、午後は西日本の雨は次第に止み、変わって雨や雪の中心は関東など東日本や東北へ。東北は夕方から広く雪で、週明け26日(月)~27日(火)は雪や風が強まり荒天の恐れがあるため警戒が必要です。

雨・雪の中心は東日本や東北へ

画像A

連休最終日の今日25日(日)は、本州の南を東進する低気圧や上空の寒気の影響で、西日本や東日本は広い範囲で雨や雪が降っています。

13時までの1時間雨量の日最大値は、三重県尾鷲市で12.0ミリ(午前6:30まで)など、ザーザー降りとなった所もあります。

ただ、低気圧の東進に伴い、昼頃からは九州や中国地方の雨は止み、日の差している所も。四国や近畿など西日本で雨の所も、夕方からは次第に天気は回復する見込みです。

変わって、雨や雪の中心は関東甲信など東日本から東北地方へ移ります。

関東地方は明日26日(月)明け方にかけて、雨や雪が降るでしょう。関東地方は、東京都心など平地は雨が主体です。一時的に雨に雪がまじる所がありますが、積もることはない見込みです。ただ、内陸や山沿いでは湿った雪となり、24時間降雪量(26日朝まで・多い所)は、北部の山沿いで25センチ、箱根から多摩地方や秩父にかけて15センチ、甲信で20センチの予想です。

山沿いを中心に大雪となる恐れがあるため、積雪や路面の凍結による交通障害などにご注意下さい。

週明け 東北は大雪・暴風雪の恐れ

画像B

東北は、今日25日(日)夕方から広い範囲で雪となるでしょう。沿岸部などはじめ雨の所も次第に雪に変わり、今夜(25日)以降~27日(火)にかけて雪や風が強まり、三陸(岩手県沿岸)を中心にドカ雪の恐れ。警報級の大雪や暴風雪の可能性があるため、今後の情報にご注意下さい。