メイン画像

明日16日は一転して、冬の寒さに戻るでしょう。週明けにかけて再び寒暖差が大きくなります。服装でうまく調節しながら、体調管理にご注意ください。

今日15日 関東や北陸、四国で「春一番」 季節外れの暖かさに

画像A

今日15日は「関東地方や北陸地方、四国地方で春一番が吹いた」と発表されました(午後4時半まで)。
前線を伴った低気圧が日本海を発達しながら進んだため、沿岸部を中心に南よりの風が強まりました。

日差しと暖かな南よりの風で気温がグンと上がり、全国的に季節外れの暖かさになりました。特に、関東や東北では今年一番の暖かさになった所が多く、東北では2月の最高気温の記録を更新した所もありました。
東京都心でも最高気温が21.1℃まで上がり、日中は上着いらずの陽気になりました。東京都心で2月に最高気温が20℃を超えたのは、2021年以来、3年ぶりのことです。

明日16日 天気回復 北海道と東北北部は雪

画像B

明日16日は、前線を伴った低気圧は東へ離れて、西から高気圧に覆われてくる見込みです。

朝まで雨や雷雨の所もありますが、日中は日差しが戻るでしょう。
ただ、北海道や東北北部では気圧の谷や寒気の影響で断続的に雪が降り、ふぶく所もありそうです。局地的に雪の降り方が強まり、東北北部では明日昼前にかけて大雪になる所があるでしょう。大雪による交通障害に注意・警戒してください。また、屋根からの落雪、電線や樹木への着雪、なだれに注意が必要です。

明日16日 冬に逆戻り 寒さ対策を万全に

画像C

前線が通過した後は、北よりの風に変わって、冷たい空気にガラッと入れ替わります。
明日16日朝の最低気温は、今日15日より低く、大幅に低い所もあるでしょう。北海道では氷点下の冷え込み、東北や北陸でも5℃を下回りそうです。

最高気温も今日より大幅に低くなる所がほとんどで、この時期らしい気温に戻る所が多いでしょう。大阪では10℃、福岡では11℃など、冬の寒さが戻りそうです。今日との気温差が大きく、北よりの風で、より寒く感じられるでしょう。寒さ対策をしっかりと行ってください。

週明けは広く雨 寒暖差に注意

画像D

17日は高気圧に覆われて、広い範囲で穏やかに晴れるでしょう。最高気温は平年並みか少し高く、日差しの温もりを感じられそうです。ただ、朝晩と昼間の気温差が大きくなりますので、お出かけの際は服装でうまく調節してください。

18日も高気圧に覆われますが、日本海からは前線が近づく見込みです。日差しの出る所が多く、再び季節先取りの暖かさになるでしょう。ただ、天気は西から下り坂です。

19日以降は前線が本州付近に停滞し、22日頃にかけて南下するでしょう。雨の降る所が多く、降り続く雨で、雨の降る量が多くなるおそれもあります。寒暖差が大きくなりますので、体調管理にもお気をつけください。