【第58回NFLスーパーボウル】全米で月面着陸以来の最高視聴率を記録

 テイラー・スウィフトによる効果かどうかはわからないが、現地時間2024年2月11日に行われた【第58回 NFLスーパーボウル】は歴史的な偉業を成し遂げた。

 史上2度目の延長戦となった決勝戦は、全米で史上最高の視聴率の一つを記録した。米ハリウッド・リポーターによると、米CBSが放送したカンザスシティ・チーフスがサンフランシスコ・フォーティナイナーズに25対22で勝利した試合の平均視聴者数は1億2000万人となった。

 ニコロデオン、ユニビジョン、パラマウントプラス、その他のデジタル・プラットフォームでの同時放送・配信を加えると、総視聴者数は1億2340万人になり、ニールセンが測定した全米史上最高の数字となった。米CBSは、この試合は過去最高のストリーミング視聴者数を記録し、ユニビジョンのスペイン語放送の平均視聴者数は約220万人で、スペイン語で放送された【スーパーボウル】の最高視聴率を記録した。

 1億2340万人という数字は、ニールセンの速報視聴率に基づくもので、最終的な視聴率は現地時間2月13日に発表される。2月11日の【スーパーボウル】の視聴率は、昨年全米TV史上最多視聴者数となる1万1510万人を記録した、米FOX放送の【スーパーボウル】よりも7%上昇した。3度のMVPに輝いたカンザスシティ・チーフスのクォーターバックであるパトリック・マホームズは、史上最高の視聴率を記録した2つの【スーパーボウル】でプレーしたことになる。

 米ハリウッド・リポーターによると、1969年のアポロ11号の月面着陸の視聴者数は、米ABC、CBS、NBCの3局合計で1億2500万人から1億5000万人と推定され、1億5000万人という数字は当時の全米人口のほぼ4分の3に相当する。現段階で、アッシャーのハーフタイム・ショーに関する数字は発表されていない。

 ほとんどの視聴者はアメリカン・フットボールの試合のためにTVを視聴していたと思われるが、テイラー・スウィフトが、カンザスシティ・チーフスのタイトエンドである恋人のトラヴィス・ケルシーが3度目の優勝トロフィーを掲げるのを応援するために世界を横断したのは明らかに注目を集めた。誰もがテイラーのことばかり話しているように見えるかもしれないが、アメリカン・フットボールのアナリストでデータ収集家のジェーソン・ポーリーによれば、テイラーは【スーパーボウル】の0.36%にあたる合計54秒間しかカメラに映っていなかったそうだ。