多くの後輩芸人に慕われている(撮影/写真部・佐藤創紀)

ピン芸人・TAIGA(48)を慕う芸人は多い。オードリー、ぺこぱ、カズレーザー、ヒコロヒー、モグライダー……下積み時代に面倒を見ていた後輩たちが次々にブレークしていく一方、TAIGAはなかなかチャンスをつかみきれない。芸能活動だけでは生計を立てられないため、ウーバーイーツのアルバイトをしながら妻と2人の子どもを養っている。【前編】では愛する家族についての思いなどを語ってもらった。【後編】では芸人を何度も辞めようと思ったが踏みとどまった理由、イジメから救ってくれた父親とのエピソードを明かしてくれた。

【写真】楽しそう!後輩のぺこぱと一緒にはしゃぐTAIGAさんはこちら

※【前編】<「僕もパパと一緒にウーバーやる」 ピン芸人TAIGAが息子に謝った出来事とは>より続く

――TAIGAさんは多くの後輩芸人に慕われていることで有名ですが。

 あいつらは売れているのに、気に掛けてオレの名前を出してくれる。感謝の思いでいっぱいです。後輩たちが売れていく瞬間を見るときは素直にうれしいですよ。ぺこぱは辞めそうな時期を知っていたので、M-1で決勝の舞台に立ったときは泣きました。ただ、こいつらが売れると思って付き合っていたわけではないです。純粋に一緒にいると楽しいなというだけで。だから先見の明があるわけではない(笑)。

人を惹きつける独特の魅力

――売れている後輩たちの共通点はありますか。

 人(ニン)が面白いですよね。自分が言うのもなんだけど、漫才や台本がみんな最初から面白かったわけじゃない。でも人を惹きつける独特の魅力がある。(オードリーの)春日(俊彰)も変わっているけど面白い。(ショーパブの)キサラで芸人をしながら、バイトで一緒に働いていたけど遅刻が多くて。あいつの立場が悪くなるから本気で説教したら、何度も謝って下を向いていた。反省しているんだなと思ったら、その後に賄いの食事へすぐに向かって、てんこ盛りのカレーを食べていて。仕事で取り返そうと思っていない(笑)。

2014年R-1で初めて決勝に進出したが……(撮影/写真部・佐藤創紀)
次のページ
「これで人生が変わる」と思ったけど……