メイン画像

今日25日も強い冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に大雪。太平洋側は東北などで積雪が急増。立ち往生や交通機関の乱れが発生する恐れもあり、予定の変更も検討してください。

強い冬型の気圧配置

画像A

今日25日も日本付近には、上空5500メートル付近でマイナス40℃以下の今シーズン一番の強い寒気が流れ込んでいます。寒気の中心は次第に東へ抜けますが、強い冬型の気圧配置が続くでしょう。全国的に風が強く、日中も厳しい寒さになりそうです。

昨日24日は、福井県と滋賀県に立て続けに「顕著な大雪による気象情報」が発表されました。今日25日は、JPCZ※が次第に不明瞭になるため、北陸や近畿北部では、午後になると雪の降り方は落ち着いてきそうです。

※「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」とは、シベリア大陸から流れ込む冷たい風が朝鮮半島北部に位置する長白山脈(最高峰:白頭山2744メートル)によって、いったん二分され、その風下である日本海で再び合流して形成される収束帯(雪雲が発達しやすいライン)です。JPCZによって、雪雲が発達しやすくなり、その雪雲が次々と流れ込むと、大雪となることが多々あります。

日本海側は広く雪

各地の雪の予想です。

【北海道・東北】
日本海側を中心に雪の降り方が強まり、太平洋側の平地でも大雪になる所があるでしょう。風が強く吹くため、猛吹雪や吹きだまりで見通しがきかなくなる恐れがあります。予定の変更も検討してください。海は大しけとなる所があるでしょう。

【北陸】
雪が降り続き、局地的に降り方が強まりそうです。午後になると平地の雪は小康状態となりますが、地震で揺れが大きかった地域では、雪の重みによる家屋の倒壊に注意が必要です。また積雪によって、道路の状況が確認しづらくなるため、移動は慎重にしてください。

【関東甲信】
長野県や近畿北部の山沿いは、断続的に雪が降るでしょう。すでに大雪になっている所に、さらに積雪が増えそうです。関東北部は平地にも雪雲が流れ込み、積雪となる所があるでしょう。

【東海】
岐阜県を中心に雪の降る所があり、昼頃までは平地にも雪雲が流れ込むでしょう。大雪のピークは越えるものの、高速道路では立ち往生が発生するなど、影響が出ています。大雪や路面の凍結による交通への影響に注意、警戒してください。

【近畿・中国地方】
近畿北部や山陰は雪が降り、昼頃までは局地的に雷を伴って降り方が強まるでしょう。近畿中部・南部、山陽も、午前を中心に雪の降る所がありそうです。

【四国】
夕方にかけて、山沿いの一部で雪が降るでしょう。

予想降雪量・波の高さ

画像C

【24時間降雪量(多い所)】
26日午前6時まで
東北地方 60センチ
北海道地方・関東甲信地方・北陸地方 50センチ
近畿地方・中国地方 40センチ

27日6時まで
北海道地方・東北地方 20から40センチ

【波の高さ】
25日
北海道地方・北陸地方 6メートル
東北地方・近畿地方 5メートル

26日
北海道地方・北陸地方 5メートル

大雪や路面の凍結による交通への影響に警戒し、着雪やなだれにご注意ください。今日25日は、北海道や東北、北陸では大しけとなる所があるでしょう。高波に警戒が必要です。

風雪・大雪・低温に伴うリスク

画像D

風雪や大雪、低温によって以下のようなリスクがあります。

(1)停電(倒木や雪の重みで電線が切れることで発生する恐れがあります。)
停電に備えて、懐中電灯や防寒着、毛布などを準備しておくと良いでしょう。
また、電源を確保するため、モバイルバッテリーも用意しておくと安心です。

(2)水道凍結(最低気温がマイナス4℃以下になる時や真冬日が続いた時に凍結する可能性があります。)
事前に、水道管の中から、水を抜いておきましょう。また、屋外で、むき出しになっている水道管やメーターは、発泡スチロールなどの保温材を使って、専用テープでしっかりと巻き、保温しておいてください。

(3)商品の品薄
大雪や交通規制網の影響で、すでに物流の遅延が発生しています。食料品は少し多めに買い、暖房用の燃料も少し多めに確保すると安心です。