社内では敬愛を込めて「Kaata」と呼ばれる。名だたる俳優や映像監督たちが彼を慕う(撮影/横関一浩)

 Netflixコンテンツ部門バイス・プレジデント、坂本和隆。「全裸監督」「今際の国のアリス」「First Love 初恋」「サンクチュアリ -聖域-」と、すべてがNetflixで大ヒット。坂本和隆はこれらの作品のエグゼクティブ・プロデューサーでもある。いくつもの壁を乗り越えて作り上げた作品ばかりだ。日本のエンターテインメント業界に強い危機感がある。世界で勝負できる作品を作る。そして日本にその力はあると信じている。

【写真】「幽☆遊☆白書」最速上映会イベントの楽屋で

*  *  *

 まるで人を惹きつける磁力のようなものを持っているように見えた。

 2023年12月13日。この日、東京・有明アリーナではNetflixが企画・製作するNetflixシリーズ「幽☆遊☆白書」の最速上映会イベントが行われていた。集まった観客は5千人。出番を控え、楽屋には主人公の浦飯幽助(うらめしゆうすけ)を演じる北村匠海ら俳優たちが次々と集まる。坂本和隆(さかもとかずたか・41)は、その一人ひとりに握手し、ハグをしていた。関係者たちが坂本に代わる代わる声をかけ、談笑する。

 物腰は柔和で、声は穏やかだが、思わず目を引く存在感がある。そのスラリとした体躯(たいく)が、いつの間にか場を掌握していた。

「5年かかりました。5年もかけてしまいました」

 全体挨拶ではそう声をかけた。坂本は本作のエグゼクティブ・プロデューサーとして製作を牽引(けんいん)してきた。

「幽☆遊☆白書」だけではない。Netflixコンテンツ部門バイス・プレジデントをつとめる坂本は、日本市場のトップとして実写・アニメ・バラエティ・映画など、Netflixの日本発のコンテンツ全てを統括する。

 15年にNetflixが日本でのサービスを開始して以来、坂本は数々のオリジナル作品の製作に携わってきた。山田孝之の熱演でNetflixの名を日本に知らしめた19年の「全裸監督」にはじまり、海外でも大きな注目を集めた「今際(いまわ)の国のアリス」(20年)、宇多田ヒカルの楽曲をもとにしたラブストーリーの「First Love 初恋」(22年)、相撲ブームを巻き起こした「サンクチュアリ -聖域-」(23年)など、話題作の数々でエグゼクティブ・プロデューサーをつとめてきた。

突き抜けた企画は反対意見が多くあるべき

 坂本は、作品の着想から企画開発、脚本、撮影、編集を経て完成に至るまで、製作の全ての工程に携わる。それぞれの作品の製作期間は平均で3、4年かかり、中には「First Love 初恋」のように監督と共に自ら原案を練ったものもある。

次のページ