NHKラジオのテキストが並ぶ書店店頭。英語はもちろん、ハングルからアラビア語まで幅広い語学を学ぶことができる=2023年11月、東京都中央区の銀座堂書店朝日新聞本社店(撮影/写真映像部・和仁貢介)
この記事の写真をすべて見る

 NHKはAMのラジオ第1と第2を2026年度から一本化する構想を打ち出した。朝の語学番組はどうなるのか、聞いていた人への影響は? 「衝撃走る」と思いきや……。AERA2023年12月11日号より。

【写真】NHKラジオ英語講座に出演していたバイリンガルアーティストはこちら

*  *  *

 東京都に住む阿部野一郎さん(54)は平日朝6時45分になるとNHKラジオ第2の「ラジオ英会話」を聞く。講師やネイティブの番組パートナーが放送中に英語でしゃべる部分を聞き取り、ディクテーションしてネットのブログ(「一路庵 BLOG 英語部」)に上げるためだ。

 ディクテーションとは、例えば英語なら聞いた英語を一語一句書きとるトレーニングのこと。「ラジオ英会話」ではオープニングとエンディング、番組途中のプラクティスコーナーの前などに「自由会話」がなされる。

「番組を録音して起こしていくんです。テキストに載ってない部分ですので、一番喜ばれると思ってやっています。難しいところは録音を10回くらい聞き直しますね」(阿部野さん)

 2018年秋に始め、すでに丸5年以上になる。最初はまとめるのに時間がかかっていたが、今では放送が終わって朝食を取ってから準備しても、朝8時ごろにはできているという。

「同じことをしているブロガーが何人かいらっしゃいますが、当日の朝、完成させてしまうのは僕だけです。ページビューはいつも400~500はいきますよ」(同)

朝の放送がなくなる?

 そんな阿部野さんの「習慣」も、約2年数カ月後には変更を余儀なくされるかもしれない。今年10月からNHKは受信料の1割値下げを実施しているが、その収入減に伴う支出削減策の一つとしてAMの「ラジオ第1」と「ラジオ第2」を2026年度から一本化する構想を打ち出したからだ。

 なぜ、それが習慣の変更につながるのか。

 ラジオ第2といえば、真っ先に思い浮かぶのが語学番組ではないか。そして語学番組は、最初の放送が「朝」に集中している。6時台は「中学生の基礎英語」から「ラジオ英会話」までの4番組、7時台は「まいにち○○語」のドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語とヨーロッパ言語が続き、8時台は「まいにち~」シリーズのハングル、中国語となっている。

著者プロフィールを見る
首藤由之

首藤由之

ニュース週刊誌「AERA」編集委員。特定社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー(CFP🄬)。 リタイアメント・プランニングを中心に、年金など主に人生後半期のマネー関連の記事を執筆している。 著書に『「ねんきん定期便」活用法』『「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー 習慣』。

首藤由之の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
【今年も7月開催と米国で発表】Amazonプライムデーは年に一度の大型セールイベント!2024年の開催日程や事前準備方法、お得な買い方をまとめて紹介!
次のページ