メイン画像
メイン画像

前線による大雨のピークはあす3日午前までですが、総雨量が多くなるため雨がやんでからも土砂災害などに警戒が必要です。日曜日と月曜日は、すでに梅雨入りしている所でも晴れて、暑くなる所が多いでしょう。熱中症に注意が必要です。

3日(土) 日中は天気回復 雨がやんでも土砂災害などに警戒を

きょう(2日)は前線が本州付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込んでいて、局地的に雨雲が発達しています。西日本と東日本の太平洋側の地域では線状降水帯の発生している所があり、あす(3日)午前中にかけて、引き続き、線状降水帯が発生する可能性があります。

あす(3日)は、九州から近畿にかけては天気が回復し、日中は広く日差しが出る見込みです。
一方、東海や関東は、朝まで局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。前線は次第に日本の東に抜けるため、昼ごろまでに雨はやみそうです。急速に天気が回復し、晴れ間の出る所もありそうです。
北陸や、東北、北海道は午前中を中心に雨で、次第にやむでしょう。

あす(3日)は天気が回復に向かいますが、油断は禁物です。特に、西日本と東日本の太平洋側では総雨量が多くなるため、雨がやんでからも土砂災害や、川の増水・氾濫などに警戒の必要な状態が続きます。崖の近くなどには近寄らないようにし、川や用水路の様子なども見に行かないようにしてください。

4日(日)・5日(月) 広く晴れて気温上昇

画像B
画像B

あさって(4日)・月曜日(5日)は日本付近は高気圧に覆われ、広い範囲で晴れる見込みです。梅雨入りしている沖縄・奄美から東海にかけても、梅雨の晴れ間となるでしょう。
ただ、北海道や東北では、低気圧や気圧の谷の影響で雨の降る所がありそうです。

あさって(4日)・月曜日(5日)は、沖縄から東北にかけて気温が高くなる予想です。最高気温は広く25℃以上の夏日となり、内陸を中心に30℃以上の真夏日となる所もあるでしょう。名古屋では月曜日(5日)は最高気温が30℃の予想です。こまめに水分や休憩をとって熱中症に気をつけてお過ごしください。
一方、北海道は上空に寒気が流れ込む影響で、最高気温は15℃前後と、平年より大幅に低くなりそうです。

6日(火)~ 前線停滞で曇りや雨

火曜日(6日)からは、また前線の影響を受けるようになりそうです。
火曜日(6日)は、西から前線がのびてきて、西日本では雨が降るでしょう。東日本や北日本では晴れ間がありそうです。
水曜日(7日)以降は、前線が本州の南岸付近に停滞する見込みです。晴れ間の出る日はあるものの、雲が多く、雨の降りやすい天気が続きそうです。

最高気温は、全国的に25℃前後で、真夏日に迫る暑さになる所もありそうです。湿度が高く蒸し暑くなるため、熱中症のリスクが高まります。体調を崩さないよう注意が必要です。