『森の生活』の著者による、講演をもとにした晩年のエッセイ。社会よりも自然の中で生きることを選んだアメリカ人の思想家が、絶対的な自由と野性の美しさを説く。 「歩く」ことは、「聖な…

続きを読む