引退会見した純烈の友井雄亮(撮影・上田耕司)
引退会見した純烈の友井雄亮(撮影・上田耕司)
この記事の写真をすべて見る
引退会見で謝罪した純烈の友井雄亮(撮影・上田耕司)
引退会見で謝罪した純烈の友井雄亮(撮影・上田耕司)

 2018年末のNHK紅白歌合戦に初出場した5人組グループ「純烈」。

 しかし、週刊文春(1月17日号)で複数の女性とのDVトラブルを報じられたメンバーの友井雄亮(38)が11日に会見し、体が床に直角になるくらい、深々と頭を下げた。友井は文春報道を認め、「純烈を脱退し、芸能界を引退します」と涙を流した。

 メンバー5人が全員揃った会見ではなく、友井1人ぼっちの会見だった。
 友井は疑惑の持ち上がったA子さんへのDVに関しては「もともと怒りっぽい性格なんですけど、そこに抑える自分の強さがなかったんだと思います」と認めた。

 本誌が会見でどんなDVだったのか問いかけると、「殴ったり、蹴ったり、相手を思いやる気持がなかった。また傷を痛めて、ひょっとしたら入院したということになったのかもわかりません」などと、抑えられないかったDVへの衝動を語った。

「A子さんに関しても、B子さんに関しても、やっぱり、これから先もなんですけれども、負わしてしまった傷だったり、精神的なものだったりということは一生終わらないことだと思ってます」と反省した。

また、同棲していたB子さんの貯金3000万円を使い込み、うち半分以上は競馬に使っていたという。

「1日に30万円すった日もありました」と、負けを取り返そうとしてさらに泥沼にハマったことを明かした。

以下は友井と記者団の一問一答の後半。

*  *  *

──ブログで解決済みと書いて、その後、訂正されてますけど、どこが違ったんでしょうか。

「解決済みということは、B子さんの中での、僕の中で、代理人の先生を交えて、お話をさせていただいていたので、その中での、見られている方、取られ方でもあると思うんですけれども、誤解を招くような、自分の中でそれをしでかしてきたことですね。それに関して終わったことという、そこだけを何だろう、読まれてしまうというか、取られ方なんですけども、僕が決めることではないというか…」

──結局、自分の中では終わっていたけれども、相手の中では終わってなかったということですか。

「そうですね。自分の勝手な判断だったんだと思います」

──それはA子さんですか、B子さん?

「A子さんに関しても、B子さんに関しても、やっぱり、これから先もなんですけれども、終わしてしまった傷だったり、精神的なものだったりということは一生終わらないことだと思ってますんで」

──先ほど、B子さんからクレームがあったという話がありましたけど、A子さんからもあったということですか。

「今回の件に関してですか?」

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ
メンバーにバカヤローと言われた