モンゴルの「いま」と、女性の外面と内面の美しさを描く映画「セールス・ガールの考現学」

シネマ×SDGs

2023/05/07 07:00

 モンゴルの大学に通うサロールは、ケガをしたクラスメートに代わってアダルトグッズショップでバイトをすることになる。大人のオモチャを買いにくる客に対応し、オーナーの謎めいた女性カティアと交流するうちに、サロールに変化が訪れる──。モンゴルの「いま」を切り取った話題作。連載「シネマ×SDGs」の50回目は、映画「セールス・ガールの考現学」のジャンチブドルジ・センゲドルジ監督に見どころを聞いた。

あわせて読みたい

  • 90年前に始まった民俗学的アプローチ「考現学」。そのまなざしから見る、変わりゆく風景と人々の装い

    90年前に始まった民俗学的アプローチ「考現学」。そのまなざしから見る、変わりゆく風景と人々の装い

    tenki.jp

    11/6

    変わる風景と人々の装いを記録する「考現学」

    変わる風景と人々の装いを記録する「考現学」

    tenki.jp

    9/16

  • モンゴル人留学生たちが築く、新しい外国人コミュニティーのかたちとは?

    モンゴル人留学生たちが築く、新しい外国人コミュニティーのかたちとは?

    dot.

    5/12

    都市観察を楽しむ ── 超芸術トマソン

    都市観察を楽しむ ── 超芸術トマソン

    tenki.jp

    12/12

  • 大規模開発が進む都市に今も残る、摩訶不思議なもの── 街角に散見される超芸術「トマソン」

    大規模開発が進む都市に今も残る、摩訶不思議なもの── 街角に散見される超芸術「トマソン」

    tenki.jp

    11/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す