首都直下地震から命を守る対策 揺れによる建物の破壊と火災に備えて準備すべきこと

2022/11/27 08:00

 東京都は9月上旬、首都直下地震による被害想定を公表した。地震発生時の建物倒壊や火災の危険度を地域別に評価している。では、地震のリスクに向き合ったうえで、どのように備えればいいのか。2022年11月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 全壊判定に「4センチ」足らず支給が148万円差に 地震や豪雨への公的支援の落とし穴

    全壊判定に「4センチ」足らず支給が148万円差に 地震や豪雨への公的支援の落とし穴

    AERA

    11/28

    首都直下地震「細街路」が危険 下町だけでなく「山の手」に危ないエリアも

    首都直下地震「細街路」が危険 下町だけでなく「山の手」に危ないエリアも

    AERA

    11/26

  • 巨大地震、津波から逃れても「寒さ」が敵に 低体温症の危険から身を守る備えとは?

    巨大地震、津波から逃れても「寒さ」が敵に 低体温症の危険から身を守る備えとは?

    AERA

    11/24

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    AERA

    3/9

  • 南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

    南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

    AERA

    6/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す