ポーランドにミサイル着弾で戦局に変化の兆し NATOは「ロシアに最終責任」 事態は沈静化に向かうか

ウクライナ

2022/11/23 11:00

 第3次世界大戦か……。ミサイルがポーランドに着弾し一時、高まった緊張は、沈静化しつつある。各国の思惑を読み解くと、この事態を契機に戦局が収束に向かう可能性も見えてきた。AERA2022年11月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • プーチン大統領、核の抑止ではなく「恫喝」 使用をちらつかせるロシアの狙い

    プーチン大統領、核の抑止ではなく「恫喝」 使用をちらつかせるロシアの狙い

    AERA

    3/23

    ウクライナ猛反撃も見えぬ出口戦略 停戦しても残る「非承認国家・地域問題」

    ウクライナ猛反撃も見えぬ出口戦略 停戦しても残る「非承認国家・地域問題」

    週刊朝日

    11/25

  • 軍事ジャーナリストが分析「ロシアが制圧しても、アフガニスタンのような泥沼に」

    軍事ジャーナリストが分析「ロシアが制圧しても、アフガニスタンのような泥沼に」

    AERA

    3/8

    ウクライナ停戦への道 自民・石破元幹事長「このままでは独ソ戦の再現に…」

    ウクライナ停戦への道 自民・石破元幹事長「このままでは独ソ戦の再現に…」

    週刊朝日

    5/25

  • ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    dot.

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す