令和のいま、僕らが物々交換にひかれる理由 肝は「あげたい気持ち」

2022/11/10 11:00

 お金を介さず、物と物を直接交換する“物々交換”。原始的なこの手法が今、人と人をつなげ、交流を生むなど、新たな価値をつくり出しているという。AERA2022年11月14日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • いま「縄文」がブーム!? 東京であの土偶に遭遇しよう

    いま「縄文」がブーム!? 東京であの土偶に遭遇しよう

    週刊朝日

    7/16

    土偶に遭遇しよう! 「縄文の美」大公開

    土偶に遭遇しよう! 「縄文の美」大公開

    7/16

  • 縄文アートが可愛すぎる 若い女性を中心にブーム その奥深い魅力とは?

    縄文アートが可愛すぎる 若い女性を中心にブーム その奥深い魅力とは?

    AERA

    7/29

    コロナで物々交換が加速「スマホをヤギに」 新聞に載ったB級ニュース

    コロナで物々交換が加速「スマホをヤギに」 新聞に載ったB級ニュース

    AERA

    8/3

  • 最初のお金は“布”? 意外過ぎるお金の進化

    最初のお金は“布”? 意外過ぎるお金の進化

    dot.

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す