ガレッジセール・川田広樹 沖縄の「復帰っ子」として沖縄戦体験者の声を未来に伝える

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2022/10/16 17:00

 ガレッジセール、川田広樹。1972年、沖縄が本土へ復帰した。この年に生まれた子どもは「復帰っ子」と呼ばれ、沖縄を担う存在として期待される。復帰っ子でもある川田広樹は、復帰50年のこの年、沖縄戦の体験者の声を聞き、伝えなくてはならないと、初めて使命感が生まれた。忙しい合間を縫って、沖縄のおじい、おばあの元へ通い、その声を聞き記録する。今、何が川田を突き動かすのか。

あわせて読みたい

  • お笑い芸人・ゴリ「沖縄が僕らを救ってくれた」 沖縄の言葉を話すのが恥ずかしかった過去も

    お笑い芸人・ゴリ「沖縄が僕らを救ってくれた」 沖縄の言葉を話すのが恥ずかしかった過去も

    AERA

    5/15

    巻頭特集「沖縄をもっと知ろう」 5月15日の「復帰50年」を前に多角的に特集/AERA5月9日発売

    巻頭特集「沖縄をもっと知ろう」 5月15日の「復帰50年」を前に多角的に特集/AERA5月9日発売

    5/6

  • 「戦争の話を聞くのはやめた」 沖縄で“人”を撮り続ける写真家・鷲尾倫夫

    「戦争の話を聞くのはやめた」 沖縄で“人”を撮り続ける写真家・鷲尾倫夫

    dot.

    8/2

    基地移設問題はなぜ混迷したのか? 稲嶺惠一元知事が語る“自民党政権の裏切り”

    基地移設問題はなぜ混迷したのか? 稲嶺惠一元知事が語る“自民党政権の裏切り”

    週刊朝日

    5/18

  • Snow Man「滝沢歌舞伎」誌上レポートも 「ジュニアエラ6月号」5月13日(金)発売

    Snow Man「滝沢歌舞伎」誌上レポートも 「ジュニアエラ6月号」5月13日(金)発売

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す