再稼働や新増設は安くない事実、90年代以降は失敗続く 原発をめぐる「無責任の構造」

原発

2022/09/26 11:00

 2011年の東京電力福島第一原発事故から11年。岸田文雄政権は原発の新増設検討など「原発回帰」の方向性を鮮明にした。原発政策の大きな転換だ。なぜ原発は再び推進されるのか。そこには無責任の構造があるという。

あわせて読みたい

  • 原発回帰で最も心配なのは安全性 恐ろしいのは東電の安全を後回しにする体質

    原発回帰で最も心配なのは安全性 恐ろしいのは東電の安全を後回しにする体質

    AERA

    9/26

    岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    週刊朝日

    10/19

  • もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    AERA

    4/17

    安倍政権は原発新設も 韓国に先を越された「脱原発」宣言

    安倍政権は原発新設も 韓国に先を越された「脱原発」宣言

    週刊朝日

    6/29

  • これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    dot.

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す