過去の暗殺から見る「安倍元首相銃撃事件」の今後 「強まる治安権力で言論は萎縮する」政治学者・中島岳志が警鐘

銃撃事件

2022/07/30 08:00

 2022年7月8日。安倍晋三元首相が凶弾に倒れた。にわかには信じられない。そんな状況のなか、手製の銃、旧統一教会と自民党、国葬など、さまざまな情報が流れていく。私たちはこの事件をどう捉えればいいのか。AERA 2022年8月1日号は、政治学者・中島岳志さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • 「大和西大寺駅」と「平城京」 安倍元首相銃撃事件で識者が見た“新しさ”と“歴史の皮肉”

    「大和西大寺駅」と「平城京」 安倍元首相銃撃事件で識者が見た“新しさ”と“歴史の皮肉”

    AERA

    7/16

    SixTONES・京本大我が表紙とインタビューに登場! 「必ず僕はステージに立つ」/AERA7月25日発売

    SixTONES・京本大我が表紙とインタビューに登場! 「必ず僕はステージに立つ」/AERA7月25日発売

    7/22

  • 東浩紀「テロは断固許さないという決意は繰り返し表明し続けるべき」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「テロは断固許さないという決意は繰り返し表明し続けるべき」

    AERA

    8/2

    池上彰、安倍元首相の「国葬」に違和感 「歴史的評価が定まるのはこれから」

    池上彰、安倍元首相の「国葬」に違和感 「歴史的評価が定まるのはこれから」

    AERA

    7/29

  • 安倍元首相銃撃事件は「京アニ事件に近い」 評論家・與那覇潤が語る「従来の政治家へのテロルとの違い」

    安倍元首相銃撃事件は「京アニ事件に近い」 評論家・與那覇潤が語る「従来の政治家へのテロルとの違い」

    AERA

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す