「壁を取るのは健常者の気持ち次第」 障害特性をメリットと捉える逆転の発想

障害のある子と生きる家族が伝えたいこと

AERAオンライン限定

2022/07/12 16:00

 少し前のことですが、ある勉強会に出席しました。講師は「ユニバーサルデザイン」(※障害の有無にかかわらず、すべての人が利用しやすいようにつくられた物や空間のこと)を知ったことから、幼稚園や小学校に通う子どもたちに、差別のない考えを広める活動を始めたという大学教授でした。

あわせて読みたい

  • 障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    AERA

    4/6

    パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    AERA

    9/11

  • 障害者は「お荷物」なのか 障害者雇用水増し問題から見える理想と現実

    障害者は「お荷物」なのか 障害者雇用水増し問題から見える理想と現実

    AERA

    12/7

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    週刊朝日

    11/4

  • 障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す