青木さやか、いじる人に「嫌」言いにくい 和田秀樹「伝えたほうがいい」断言する理由

2022/06/11 08:00

 場を盛り上げるための「いじり」であっても、いじられた側は傷ついていることが少なくない。いじられてつらいときにどう対処し、いじる人とはどう向き合えばいいのか。「どこ見てんのよ!」で人気を博したタレントの青木さやかさんと、精神科医の和田秀樹さんが語り合った。「いじり」特集のAERA 2022年6月13日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 青木さやか「容姿いじり」に傷ついていた 和田秀樹と語る「いじめ」との境界線

    青木さやか「容姿いじり」に傷ついていた 和田秀樹と語る「いじめ」との境界線

    AERA

    6/10

    コロナよりも怖い日本人の「正義中毒」 和田秀樹×中野信子が解説

    コロナよりも怖い日本人の「正義中毒」 和田秀樹×中野信子が解説

    週刊朝日

    4/8

  • コロナ対策で「自殺者も高齢者の死亡率も上がる」? 和田秀樹が指摘

    コロナ対策で「自殺者も高齢者の死亡率も上がる」? 和田秀樹が指摘

    週刊朝日

    11/15

    AERA6月13日号は社会や職場の「いじり」問題を考える巻頭特集/表紙は生田斗真!

    AERA6月13日号は社会や職場の「いじり」問題を考える巻頭特集/表紙は生田斗真!

    6/3

  • 黒木華、「昭和顔」がイヤじゃなくなった?

    黒木華、「昭和顔」がイヤじゃなくなった?

    週刊朝日

    10/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す