物価高騰が家計直撃「年11万円」負担増の試算も 「3つのお金の見直し」専門家が指南

2022/06/09 08:00

 物価の上昇が続いている。総務省が発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5%上昇。生鮮食品を除いたコアCPIでも2.1%の上昇で、2%以上アップするのは、消費増税の影響を除けば約13年半ぶり。物価の高騰から家計を守るにはどうすればいいのか。AERA 2022年6月13日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 7月以降も4504品目の値上げを予定 下がったのは「交通・通信」と「保健医療」だけ

    7月以降も4504品目の値上げを予定 下がったのは「交通・通信」と「保健医療」だけ

    AERA

    6/8

    物価上昇も景気さえないのはなぜ? 「悪いインフレ」再燃の恐れ

    物価上昇も景気さえないのはなぜ? 「悪いインフレ」再燃の恐れ

    AERA

    4/15

  • 高すぎるNYのベーグル、もはや「軽食」じゃない? 米国在住記者が見た街の物価上昇

    高すぎるNYのベーグル、もはや「軽食」じゃない? 米国在住記者が見た街の物価上昇

    AERA

    12/11

    物価上昇も給料は伸び悩み 医療・介護も負担増で家計直撃!

    物価上昇も給料は伸び悩み 医療・介護も負担増で家計直撃!

    週刊朝日

    4/9

  • 止まらない円安の原因は「日米の金利差」 円よりドルを預けた方が得

    止まらない円安の原因は「日米の金利差」 円よりドルを預けた方が得

    AERA

    6/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す