英王族でも米政界入りを模索するメーガン妃 矛盾の多い波瀾万丈な「メーガン劇場」

2022/06/08 08:00

 エリザベス女王の即位70年に沸く英国で存在感を増すヘンリー王子夫妻。米政界入りを探ったり、英王室批判を繰り広げたりと、波瀾万丈な「メーガン劇場」が続いている。AERA 2022年6月13日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • メーガン妃の自伝ともなるアニメが制作中止 160億の契約金でネトフリが求めるのは「英王室の暴露もの」

    メーガン妃の自伝ともなるアニメが制作中止 160億の契約金でネトフリが求めるのは「英王室の暴露もの」

    AERA

    6/7

    ヘンリー王子とメーガン妃が英王室に回帰 オバマ夫妻の拒絶で転換か

    ヘンリー王子とメーガン妃が英王室に回帰 オバマ夫妻の拒絶で転換か

    AERA

    9/3

  • メーガン人気はキャサリン超え? 女王の“ご贔屓”に妃もイライラ

    メーガン人気はキャサリン超え? 女王の“ご贔屓”に妃もイライラ

    AERA

    1/19

    「サセックス公爵夫人、メーガンです」王室利用しながら批判する矛盾 人気急上昇のウィリアム王子には対抗心?

    「サセックス公爵夫人、メーガンです」王室利用しながら批判する矛盾 人気急上昇のウィリアム王子には対抗心?

    AERA

    1/2

  • “打ち出の小づち”サセックス公爵称号剥奪の危機 ヘンリー王子とメーガンさんの「王室すり寄り」

    “打ち出の小づち”サセックス公爵称号剥奪の危機 ヘンリー王子とメーガンさんの「王室すり寄り」

    AERA

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す