重すぎ・高すぎランドセル アメリカのようにバックパックにしては?と考えた母親が取った行動は

帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記

AERAオンライン限定

2022/06/07 07:00

日本の小学生のシンボルであるランドセル。最近はその重さや高額化が問題視されることも多い(写真/gettyimages)
日本の小学生のシンボルであるランドセル。最近はその重さや高額化が問題視されることも多い(写真/gettyimages)

 ランドセルの存在が小学校卒業以来初めて自分の生活に顔をのぞかせたのは、アメリカに住んでいるときのことでした。近所に住む日本人の友人が、子どもが日本語補習校に入学するにあたってわざわざ日本からランドセルを取り寄せたというのです。日本語補習校というのは外国にいながらにして日本式の教育を受けられる学校で、生徒たちは平日5日は現地の学校に通い、土曜日だけ補習校で日本式の授業を受けます。

 駐在員の家庭ならいつかは日本に帰るので、ランドセルも必要かもしれません。でも友人の夫はアメリカ人で、日本に引っ越す予定はありません。それでも「日本式の小学校に通うならやっぱりランドセルだろうと思って」と、週に数時間使うためだけに決して安くない金額を出してランドセルを購入したというのでした。アメリカの小学生が使う通学カバンは、ランドセルの10分の1もしないくらいの値段の軽くて薄いバックパック。キラキラスパンコールが付いていたりキャラクターがプリントされていたりとデザイン性が高いので、たいていの子は好みに合わせて数年おきに買い替えます。そもそも6年間もつほど丈夫ではありません。そういう文化の中で暮らしている人間にも「小学生ならやっぱり」と思わせ、購買意欲を抱かせるランドセル、そなたはいったい何者か――。私はそこで初めてランドセルという存在の大きさを意識し、畏怖の念を抱きました。

 そのとき自分の子どもはまだ4歳と1歳でした。ただ上の子が小学校に上がる前に日本へ移住しようと計画していたので、ランドセルもいつか必要なんだろうなと漠然と考えていました。でも、そもそもランドセルってどこに売ってるの? 1年じゅう売り場にあるわけでもなさそうだし、いつ頃買えばいいんだろう。そう思って、同じく子どもが小学校へ入学したばかりという日本在住の友人に何の気なしに聞いてみました。入学おめでとう~。ところでランドセルっていつ頃買った?

 友人はひと呼吸置いて、答えました。

「最近はラン活ってものがあってね」

「らんかつ?」

「早い人は1年前から買ってる」

「いちねんまえ?!」

 1年前に買って、そのまま1年間ずっと家に置いておくってこと? なんで? 友人の口からは「受注生産」「希少モデル」「仮押さえ」「即完売」と、子どものカバンには似つかわしくない単語が次々飛び出します。どうやら今時のランドセルは、1年前に買わないと売り切れてしまうような事態になっているらしい。ランドセル、キミ、それはちょっとやりすぎじゃない?

NEXT

親のエゴ?

1 2

あわせて読みたい

  • 箱型ランドセルの父は、伊藤博文だった!?

    箱型ランドセルの父は、伊藤博文だった!?

    tenki.jp

    4/5

    小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    AERA

    6/25

  • 日本の小学校の「算数セット」の細かい記名はアメリカ人には狂気 ラクにならないのはなぜ?
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    日本の小学校の「算数セット」の細かい記名はアメリカ人には狂気 ラクにならないのはなぜ?

    AERA

    5/24

    「経済格差が表れやすい」ランドセル事情 「うちは半額しか用意できない…」と疎外感感じる人も

    「経済格差が表れやすい」ランドセル事情 「うちは半額しか用意できない…」と疎外感感じる人も

    AERA

    4/14

  • 重いランドセル嫌で登校拒否? 肩こり、腰痛訴える子も それでも代用品が普及しない日本

    重いランドセル嫌で登校拒否? 肩こり、腰痛訴える子も それでも代用品が普及しない日本

    AERA

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す