終わりなき障害児育児、仕事との両立の難しさ 立ちはだかる「小1」「中1」「18歳」の壁

2022/05/29 08:00

 育児と仕事の両立支援制度は整ってきたが、それらは健常児を想定したもの。障害児は一定の年齢になったからといってケアが不要になるわけではなく、働く親たちは、もがき続けている。AERA 2022年5月30日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 障害児の親、仕事と育児の両立のカギは? 当事者が問う柔軟な働き方と福祉の質

    障害児の親、仕事と育児の両立のカギは? 当事者が問う柔軟な働き方と福祉の質

    AERA

    5/30

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

  • 優良事業者ほど経営危機に陥る矛盾 報酬改定で「放課後デイ」が苦境

    優良事業者ほど経営危機に陥る矛盾 報酬改定で「放課後デイ」が苦境

    AERA

    7/9

    「あなたは絶対に頑張ってはいけない」 障害のある子どもの育児観をガラリと変えたひと言
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「あなたは絶対に頑張ってはいけない」 障害のある子どもの育児観をガラリと変えたひと言

    AERA

    3/16

  • 親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    AERA

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す